来客ツイキャス

新居に引越しして1週間、江戸川台ルーペを家に呼んだ。

ルーペさんとは人生の半分以上も付き合っているが、僕が長いこと実家暮らしだったことや、微妙に家が離れていることもあってこれまで自分の家に呼んだことはなかった(そもそも自宅に友達が来ること自体が皆無だけどさ)。
まだ引越したばかりで比較的片付いているのと、ルーペさんの休みが合ったのが今日だったので、まあ呼べるうちに呼んでおこうと実行に移したのだ。

まずはルーペさんを彼の家まで車で迎えに行った。1時間ちょいで行けると思ったら、途中混んでたこともあって1時間半かかってしまった。ルーペ亭にも少しお邪魔して、そこからまた我が家までドライブ。車中、推しのラジオCD聴きながらも、それに言及する暇もないほど、くだらない話をし続けるというほぼ学生みたいなテンションだったけど、それもまた超楽しかった。
そしてそして、(少なくとも自主的に頼んだうちでは)生まれて初めてのピザーラを途中でテイクアウトして、自宅で引越し祝いした(ピザーラ美味しかったよ)。

で、予定より1時間遅れでツイキャス「ザンクとルーペの読書感想文」。
本編は朝井リョウ著『正欲』について感想を語り合った。
https://youtu.be/zruoLnVFWs8

1年ぶり以上の対面キャスだったので、少し緊張したが、タイムラグがないのは喋りやすかった。簡単には語れない小説だけれど、それでもそれなりに感想を述べられたと思う。そしてもう1回読んでみようとは思っている。

アフタートークはKAC2022に書いた小説について話した。
https://youtu.be/iNdHxhfwyLw

ルーペさんが僕の小説と自分の小説を全部読み直して点数をつけてくれたので、聞き役に徹する感じの内容。自分の書いたものを真正面に語ってくれるのは正直嬉しかった(同時に恥ずかしかった)。なんだかんだで時間が足りないぐらい話せたのは良かった。

そして、その後は買いだめしておいたビールとルーペさんが持ってきてくれたワインを飲みながら、推しのMV集を観て、アストロシティミニとSwitchで協力プレイやら対戦プレイをした。
せっかく買った、そして引越しの際に超荷物になったアーケードスティックが2台同時に使えたのが良かった。
「デスアダーの復讐」は思ったよりすぐにクリアできたが(コンティニューしまくりだけど)、その後のストリートファイターシリーズやSNK系対戦格闘での対戦が超楽しかった。学生時代に戻ったような感覚。
ひとり暮らしをしたら、友達とゲームしまくるという悲願をようやく達成できた。“世間的”には取るに足らない物事なんだろうけど、それでも僕にとってはとても大きな一歩だった。そして想像した通り、超楽しかった。日々、上手くいかないことも多いけれど、今日みたいな日があるならまだ生きておきたいと思えるような体験だった。大袈裟でなくね。

そんな充実した一日。そして今、ひとりになって寂しいというよりは、明日からまた色々大変だけれど、頑張っていきましょうという気持ちになっているのが、なにより良い一日だったという証拠だ。頑張りましょうね。

じゃあ、寝るよー。

引っ越し準備とKAC完走

カクヨムのKAC2022完走しました。

最後のお題は「日記」。
『ふたりのアナログノート』
https://kakuyomu.jp/works/16816927862013852314

このお題を見て、交換日記か古い日記しか思い浮かばず。結局、昔ゲーセンに置いてあったコミュニケーションノートで交換日記してたら面白いかもなーということでこんな話になった。
書いているうちに規定MAXの4000字ギリギリになってしまい、ゲームのこととなると饒舌になってしまうことに気づく。ドトールで2時間ぐらい集中して書いた。わりときれいにまとめられたと思う。セガがゲーセン事業から撤退するニュースと繋げられたのも、個人的には面白かった。ハイテクセガは僕の青春でもある。

なんだかんだと11作書けたのは良かった。お題が出ると、他のことをしながらも、どういう話を書こうか考えてしまうのは鬱陶しかったけど楽しかった。我ながら、昨年よりもちゃんと書けた気がする。

そして、午前中は荷物をダンボールに詰めた。まだ6箱。
本がやたら多いのに、ダンボールが大きいのでどこまで詰めていいのか悩む。ひとりぐらしでこんなに本が多いのおかしくねえか?と思ったりもする。でも、この段階で処分したくないしなー。悩みどころ。
ただ、なんとか詰めて、運び込めそうな気はしてきた。あとは手を動かすだけだ。

そんなわけで、完走祝いにお猪口4杯分だけ飲んでしまったが、もう少し荷造りしてから寝る。
いよいよこの家にいるのもあと一週間だ。ちょっとメランコリー。

お題クリアと労働の途中

体調は昨日よりだいぶ良い。花粉症もほどほどな感じ。

とりあえずKAC2022は早めにアップした。
『セパレートムーン』
https://kakuyomu.jp/works/16816927861935337301

運営の公式ツイートで「『書きやすい』と評判!」とか書いてあったけど、超難しかったよ。どうしても不思議系オカルト系を思い浮かべてしまって、よくわからない、読者に丸投げっぽい物語になりました。そんな中でも、一応、新しい試みもしてみたので、実力通りの出来なのかもしれない。お読みいただけると嬉しいです。
そして、KACはこれでおしまい!とか思ってたら、11個目のお題もあるのだね。あと1作。頑張って書きますよ。

そして夜は雨宮天のライブへ行くのだ(横浜ー!)。
あともうちょっと労働して(言い方)、楽しんで行くよー。

詰め込み休日

4日ぶりに酒を飲んだせいと、あと花粉症っていうのもあるんだろうけど、二日酔い気味に。そんな状況でも、今日はいろいろやったよ。

まずはツイキャス「ザンクとルーペの読書感想文」
https://youtu.be/_qWHXka0ppw

本編では遠野遥著『改良』の感想を語りあった。
昨晩飲んでしまったので再読できなかった分、午前中ギリギリまで気になるところをメモしながら読み直しをした。語りたいことが多すぎて30分の尺を使い切ってもまだ足りない気もするが、語るのはそんなもんで良くて、気になったら読んでほしい小説。

アフタートークは映画『アンチャーテッド』の感想。
https://youtu.be/ylE16YDV5Oo

字幕版と吹替版の面白さの違いをほとんど語れなかったのは、単純に力不足だなー。でも、映画はなかなかオススメなので、こういうのが好きなら観てほしい。配信されたら僕も吹替版観てみよう。

で、アフタートーク中に電話が入ったのだけれど、引っ越し業者がダンボールを持ってきてくれ、その後、もう物件は決めたものの居住者がいたのでできなかった内見に出かける。
思ったよりワンルームは狭いかも。その分キッチンとバスまわりが広い。それでも、環境は良さげだったし、事前に見たとしてもやっぱりここに決めてただろうなーとは思った。嫌な空気もなかったので良かった。

その後池袋まで出かけて、ビックカメラで冷蔵庫を買う。今の家は備え付けのワンドア冷蔵庫があるので、人生初の自前冷蔵庫購入。
冷凍庫なしで6年過ごしてさほど不便は感じなかったが(時々不満には思ったけど)、今度はちゃんと冷凍庫がついている。冷凍食品たくさん食べるぞ(なんの決意?)

いよいよ、引っ越しするんだーという自覚がでてきた。片付けはまだ進んでない。

そして、書きかけていたKACのお題「猫の手を借りた結果」の小説を、喫茶店に寄って仕上げて公開。
『猫と会った夜』
https://kakuyomu.jp/works/16816927861870576567

ベタだけど、最初に思いついた話をそのまま最後まで形にしてみた。猫が好き、という気持ちだけは書けた気がする。ちょいファンタジー。

そしてこれからご飯食べて(昨日残した日本酒をちょっと飲んで)今日は終了。
毛色の違うことを色々やったので、これが全部今日の出来事なのかどうかちょっと混乱しているけど、間違いなく今日1日でやったのだ。目的がしっかりしていれば、1日はけっこう使えるもんだ(自己啓発っぽい言動)。

それじゃ、飲んで寝ますー。

停電回避そしてイイ話

気がつけば残業。

定時に上がる気満々でいたのに、職場が停電するかも的な話が出てきて、様子を見るために2時間残ってしまった(結局無事だった)。
まあ、明日の仕事を少し進めることはできたのだけれど、昨日の疲れも残っていたので後半の効率はとても悪かったな。

今日はタリーズに寄って明日締切のKAC小説を書こうと決めていたのに、とてもそんな余裕はなかった。でも、昼休みに8割ぐらいスマホで一気に書いたので、帰宅してから書き上げてアップした。

『わるものいいもの』
https://kakuyomu.jp/works/16816927861813293798

昨日のブログにも書いたけど、お題「私だけのヒーロー」の、“だけ”の部分がどうしても引っかかって、鬱的展開しか思いつかずに超悩んだ。正直寝付けなかったぐらい(ただの趣味なのに病気)。
朝、なんとなくこの話を思いついて、その時もまだしっくりこなかったが、最後のシーンを先に書いたら、あとは一気に書けた。
自分は“あざとくない程度の”イイ話が好きで、そういうのを形にしたと思うので、書いてて楽しかった。よかったら読んでみてください。

それにしても昨日にも増して寒い。体調に注意しましょう。
じゃあ、寝るー。

半日片付けとノルマ小説

休みー。

「伊集院光の深夜の馬鹿力」のアーカイブを聞きながら、部屋を片付けた(軽症で良かった)。
ベッドの下に突っ込んでいたものを全部出したり、捨てるものをまとめたりした。それでも全然進んだ感はないんだけれど、今自分の持っているものが可視化できたようには思う。あと2週間で捨てるものは捨てる。いちからやり直しだと思えば、ガンガン捨てられるのに、どうしても二の足を踏んでしまうのはなんだろうね。

それからKAC2022の7つ目のお題「出会いと別れ」を書いた。
『オーバーライト』
https://kakuyomu.jp/works/16816927861753972216

難しかったし、お題ど真ん中というよりは“掠ってる”感じの物語になってしまった。二人の関係が描かれてないので展開が唐突なのが自分でも気になるが、そのあたりは短編だから「お察しください」と割り切ったし、これ以上描くのは今の自分では無理と判断して公開。
ただ、こんな小説でも、毎回違った工夫しているのだよ。
今回は前半の文章が、実は口に出してしゃべっている、みたいな感じでそのままセリフにつなげてみた。こういうのを試すのは楽しい(効果的かどうかは別)。せめてこういうトライ&エラーは続けていきたい。

夕方まで動いて疲れたので、夜はからやまで赤辛弁当買ってきた。
値上げしたのは良いとして、付け合せのフライドポテトが、ほんのちょっとの千切りキャベツに変わってしまったのが大変残念。辛味のついたポテトも美味しかったからね。
もうちょい値上げしてでもポテトは残してほしかったなー。今からでも遅くないですよ(影響力皆無のアピール)。

今日もノンアルコール。
もう少し片付けしてから寝て、明日に備えましょう。

書いて片付けてからのピッツァ

KAC2022の第5回目のお題「88歳」を書きました。

『その姿に思うこと』
https://kakuyomu.jp/works/16816927861610938728/episodes/16816927861610941857

いきなり「88歳」でなんか書けと言われても辛いよなー。
他の人の作品をちょこっと見たけれど、だいたいが「88歳の人」を題材にしていて、こういうお題で良いものが書けるかどうかで、作者の力量を見ているような気がする。変化球で書ける人はそれはそれですごいしな。

で、僕は王道なものをヘタなりに書くしかないので、こういう小説になった。
ブログなので裏話を書いてしまうが(ニーズある?)、袴田にはモデルがいる。その方は一応の引退はしているが、そのお人柄から言って、請われて歌う機会があれば、歌っていらっしゃるのではないかと思う。
圧倒的な歌唱力の部分は事実。セリフなどは完全に創作なので(こういう話ができる関係でもなかったし)、ご本人には全く関係がないことをきちんと書いておく。ただ、こういう思いは持っていらしたのではないかと推測して書いたところはある。

偶然、3日前ぐらいに、この方の思い出話を人とする機会があり頭に残っていたときに「88歳」のお題が来て、調べたらご本人が“今年”88歳だったので、モデルにさせていただいた。
小説の語り手の「俺」は僕ではないが重ねた部分もあるので、フィクション半分、ノンフィクション半分みたいな仕立てになった。力不足を助けてもらった感もあり、こうやって誰かに助けられて生きてることを改めて思ったりする。そしてお会いできてよかったと思える方であることもまた事実だ。

これでKACは半分終わったのだが、あと5題もあると思うとまだまだ先は長いな。

そして、今日は頑張って片付けしたよ。もう着ないと思われる衣類を仕分けた。あと紙類捨てた。その成果を感じられるほどは部屋の様子は変わらないけどな。
でもこれが第一歩だ(遅いんじゃね?)。
頑張ったご褒美にピザ取った(すぐ自分を甘やかす)。
そして、お酒飲んでおひらきにします。

明日からまた頑張ろー。

笑いはムズい

KAC2022の4つ目のお題クリア。

「笑える小説」
https://kakuyomu.jp/works/16816927861553863685/episodes/16816927861553871343

お題は「お笑い・コメディ」。
これって「概念」だから、読者がちっとも笑えないとしても、作者がそう思って書いていればそうなるんだよなー、と。でもお題として出ている以上、誰が読んでもお笑いに思える話を書かねば、と思うとすごく難しかった。
どちらかといえば、コメディっぽい作風得意な気がするんだけどなー。「地味な笑い」だからなー。そんなわけでテッパンの(なの?)ダジャレと爆発オチで終わらせました。
今読み返しても「乱暴」な物語だと思う。でも、まあこのKACというものを「大喜利」だと思えば(思うなよ)、このぐらい“ストレート”な奴でいいんじゃないだろうか(自己弁護)。
結局、筒井康隆先生に影響を受けた中学生が書くみたいな小説になった(成長してないね)。

今日は休肝日にしようと思ったのに、結局飲んでしまった(ちゃんと執筆後にね)。
花粉症のせいか、なんとなくイライラしていて物事がうまく進まない。仕事中に2回ぐらい帰りたくなったけれど、ちゃんと最後まで働いたから、ご褒美だということで(自分に甘い)。

明日も労働は続く(言い方)。
もう一日頑張ります。

書き物と修理と家電下見

KAK2022の第3回目のお題「第六感」書きました。

『ハイ&ロー』https://kakuyomu.jp/works/16816927861468225331/episodes/16816927861468227113

なかなか苦戦したけれど、しつこく考えていれば、物語は思い浮かぶものだ。
良い物語かはわからない。ただ「語ってもいい話」にはなってると思う。

3本書いてみて、オチというか結末の展開が決まると書きやすいと気づく(あくまでも自分の場合だけかもしれないが)。
今回はシチュエーションは決まったけれど、結末は決まらないまま、とりあえず思いついた分、書けるところまで書いてみた。推敲しない状態とはいえ860字だったので、とりあえず文字数ノルマが達成できたことに安心し(参加することに意義がある)、校正しながら展開を整えた。
結果、ああいう「読者に委ねる系」の終わり方をして、上手い人がやるとサマになるやつけど、中途半端になった気がする。ただ、今回のお題の若干の胡散臭さみたいなものを出せたんじゃないだろうか。
自分は第六感というか、そういう感覚、あると思ってるけどね(主人公の言う「引き当てる」時あるし)。
KACはあと7題。なんとか食らいついていきたい。

そして愛車のドアノブ修理完了。
走行距離はまだまだ伸びてないが、なんだかんだで15年乗っているから色々ガタがくるのは仕方ない。走行距離が倍ぐらいになるまでは手放す気はないから、労りながら乗る機会を増やそう。ライフスタイル変えなきゃなー。
そんで、小説は修理を待ちながらほとんどを書いたので(スマホで)、時間の使い方としては良かったよ。

その後、冷蔵庫や無線ルーターを見にビックカメラに行った。まだ買ってない(チキン)。
ルーター買うのは数年ぶりだが、どれがいいのやら決断できず。ネットで性能を検索してから買う。冷蔵庫は一応当たりをつけた。気がつけば引っ越し日まで1か月切ってる。あいかわらず部屋の整理は進んでいない。

今日は早めに店じまい……と思ったら、もう20時近いでやんの。時間感覚どうにかしないと。そして、やりたいことをやれる環境にあるのだから、日々頑張ろう。

「推し活」小説

KAC2022のお題2つ目「推し活」を書きました。

「さよなら推し活」
https://kakuyomu.jp/works/16816927861396226505

自分は「推し」を持つ身なので、その想いを架空のキャラに乗せてオブラートに包んで書いたような小説。だから、キタハラ先生言うところの「青春ゾンビ」化してるかもしれない。
でも、推しとの距離感、というのは常に考えていて、そういう点で、自分が推し活を辞めるというのはどういう時だろうか、というのを踏まえて書いた。
嫌いになるわけではないから「黒歴史化」することはない。ただ、どこかで“客観性”を持たなきゃな、とも思っているのだ。

僕の中では、去年、別方向から“近づきすぎて”しまったがために、ちょっと推しとの距離感を測りかねている。そんな日々だったりする。
ただ、僕は今のところ、推し活を辞めるつもりはないけれどね。

今日は、それだけ書いてブログは終わり。
明日また新しいお題が出るし、それは中一日で書かねばならない。
英気を養って、備えることにする。