推し推しなキャス

「ザンクとルーペの読書感想文」の日。

リアタイしてくださった方、ありがとうございました。せっかくツイキャスでやっていくのでコメントは拾うタイプですので、反応してくださるとさらに嬉しい。

まずは本編である『推し、燃ゆ』の回。

ファーストフードで読了。
ルーペさんが強。

その部分を振り返ってみると、僕のオススメ度が何であるかはフラグが立っていたな。
この主人公ほどでないにせよ、推しに相当“注ぎ込んでいる”身としては芽生えた違和感を最後まで払拭できなかった。
「推しを推す気持ち共感できるかも?」と思って読み始めると裏切られると思う。でも、それが良い意味での裏切りになる場合もあるからね。
読んだ人の気持ちを揺さぶる作品であることは間違いないです。宇佐見りんさんは凄い(『かか』読むよ)。

 

そしてアフタートークは、カクヨムで公開されている小説『新しい日』について、作者の江戸川台ルーペさんにお話しを伺った。

こういう試みはアフタートークならではじゃないかと思う。
キャス内でも話しているように『新しい日』は90年代インドア系(アングラ系?)サブカルにハマっていた人々には刺さる部分が多いと思う。
笑いのエッセンスをまぶした壮絶な物語が、読む人の心を抉ってくる。R15+ぐらいの感じで読んでほしい。

花粉症のせいか、蓄積疲労かでアウトプット的なやる気がでない。
この際、徹底的に堕落してみようと、晩御飯はピザを頼んだ。いつものピザハットではなくドミノピザ(初ドミノ)。
そういえば、昨日の昼もピザだった。ピザに飢えているのかもね(リバウンドフラグ?)。

アウトプットの気持ちが出ないので、できるだけインプットしてみることする。
先日のおみくじに言われたように、今は「あせらず好機をまって」みましょうかね。

推し小説と取材未遂

久しぶりに小説投稿サイト「カクヨム」を覗いてみた。

「ザンクとルーペの読書感想文」でもおなじみ、盟友 江戸川台ルーペがカクヨムで新作長編を公開したからだ。

タイトルは『新しい日』。
https://kakuyomu.jp/works/1177354054954466702

幼少時代を引きこもって過ごした青年が主人公のロードムービー的小説だそうだ。
ルーペファンからすると、登場人物の名前が漢字(しかもフルネーム!)、視点が三人称、といった今までの違いに目が行くが、コメディな会話が続くのもなんだか新しい。
もともとコメディタッチな部分を作品に忍ばせる作風であるものの、「それわかる人少ないよー!」と言いたくなるマニアックなネタが多かった気がするが(でも、そこが僕にはストライクだったりする)、今回は登場人物たちの感覚のズレで楽しませる会話が多く、これはいよいよ本気で賞取りにきた奴ですかね。と思ったりする。

そう、この小説はカクヨム内で一番大きい賞である「カクヨムWEB小説コンテスト」応募作なのだ。
2月7日まで読者選考期間で、この間に読まれたり星がついたりすると中間審査を突破する可能性が高くなる(ような気がする)ので(厳密にそのあたりが明文化されてないんだよね)、ご興味のある方はぜひお読みいただきたい。

といいつつ、僕は12話までしか読めてない。
今のところ、主人公は爽やかな空気に包まれているけれど、今後のサブタイトルやらすでに読まれた方のレビューを読むと、どこかで“ルーペワールド”が発動するようなので、より一層楽しみにしている。
それと本人が「未成年の方は保護者の方と一緒に読んでください。」と書いているので、PG15ぐらいなのかもしれない(ややアダルト要素ありそう)。

いずれにせよ、高野ザンクとしてはオススメ度“強”です!

カクヨムといえば、新宿の高野フルーツバーが閉店してしまうニュースがショックだった。
僕が連載中の(ほぼ休載中だが)『亀を投げる』で、新宿のタカノに行くシーンを書くために取材に行かなければと思っていたからだ。もっとも出てくるのは「タカノフルーツパーラー」で、そこは残るらしいんだけれど。
新型コロナがなければ、去年のうちに行けるはずだったので、悔しい思いがあり、と同時に、行けるところは早く行っておくこと、やれることは早くやっておくこと、を心掛けねばと決意を新たにしたりもした(3日で忘れがち)。

というわけで『推し、燃ゆ』も昨日読み終わったし(優秀!)、しばらくはカクヨムで色々読んでみたいと思う。

2020年最後の「読書感想文」

「ザンクとルーペの読書感想文」第4回を公開しました。

課題図書はキタハラ著『京都東山「お悩み相談」人力車』だったが、2020年最後を締めくくるにふさわしいお題だったと思う(手前味噌)。
そしてまさかの(ちょっと予感はしたけど)ご本人登場コメントでアタフタしたが、正直に“忖度なし”で語れたと思う。
あと自分も小説書きたくなる気持ちが強くなった小説でした。オススメ!

ツイキャスの設定部分でコラボできなかったのかもしれないけれど(そうだったらすみません!)、ぜひ今度、一緒に配信で語れたらありがたいです!(私信)

アフタートークは「2020年カクヨムあれこれ」。

来年、僕もきちんと小説を書こうと思います。
語るよりも書く方がよっぽど苦労する、という敬意も込めて「読書感想文」も続けていきたいので、応援よろしくお願いいたします!

ネトフリデビューとへべれけデビュー

久しぶりの完全オフの日。

思い切りダラダラしつつ、滞っていたことを少し進めてみた。

そのひとつとして、ついにNetflixを利用した!
しかもPS4のアプリを使ったのでテレビの大きな画面で見れたよ(といっても24インチだけど)。
とりあえず「鬼滅の刃」を6話まで観た(消費ギガに気をつけながらな)。
最初の雪の映像がすごい綺麗で、今のアニメってすごいなーと思った。逆説的に言えば、そういう手をかけたアニメだから流行ったのかもしれない。
ネトフリだからか結構な血の量が初回から出てきて、子どもが観るには厳しい気がしたけどテレビだとマイルドだったのだろうか。
大人でも食事中に観るのはちょっと憚られる(観てしまったけど)。

心配だった、イメージと声が合うのかどうか問題も特に違和感がなかった。っていうか声優さんってやっぱり良い声してんな(今さら)。
この調子だとシーズン1、全26話を消化するのも早そうだ。

Amazonで一升瓶の酒を買った。第二の故郷である仙台で買って以来大好きな「日高見」という日本酒。
一升瓶からお猪口に酒を注ぐ時、瓶を膝の上に載せないと安定しない。そういう注ぎ方をしてみると、なんだかまた一歩“ダメな領域”に踏み込んでしまった気もするが、正月の実家用として買ったので、今回だけ特別だと思って自分を許す。
いや、正月用なのになんでもう開けてんだっていう話だが、実家用と自宅用と2本買ったからだ(じゃあダメじゃん)。

そして、さりげなくカクヨムで下ろしていた小説「亀を投げる」を、ちょっとだけ手直ししてまた公開した(4話まで)。
自分じゃなきゃわからない程度の直しだけれど、言葉足らずの部分を補足して、主人公の心情は伝わりやすくなったかなーとは思う。
続きはまだ漠然としか思いついていないのだが、まずは一旦、最後まで書き上げることにする。
今年中に終わるかなー(っていうか終わらせる努力はしてみる)。

ちょっとだけど、気になっていたことを進められたのは良かった。
一歩ずつでも進まないよりはマシ。
スピードはあいかわらずだが、立ち止まらないように日々進みましょう。

リアルコラボキャス

江戸川台ルーペとツイキャスをしました。

「ザンクとルーペのweb小説家的読書感想文」
第1回は夏川椎菜著『ぬけがら』について語っています。
Youtubeにアップしましたので、ご興味ある方はぜひにー。

そんなわけで、ツイキャスを収録するために秋葉原に集合して、カラオケルームに16時過ぎから待機した。
前回のコラボキャスはリモートだったから、二人揃ってのキャスは初めて。
進行表を作っておいたおかげか、ちゃんと30分に収まったが、内容はどうでしたかねー。課題を改善しつつ、続けていきたいと思っているので応援よろしくお願いいたします。

収録が終わったので、時間いっぱいまではカラオケするー!

寝坊と熱意

寝坊した。

仕事は午後からだったので、余裕のある時間には起きたのだけれど、予定起床時刻から2時間遅れの10時半にようやく起き上がれた。
ダラけてるなーと思う半面、久しぶりに9時間ぐらい寝たのでそれはそれで良かったのかも。
先週睡魔と戦った夕方の会議で、比較的戦いを避けられたのは睡眠のおかげかもしれない(それでも戦ってんのかよ)。

明日、ツイキャスで江戸川台ルーペと、夏川椎菜の小説『ぬけがら』について語るのだが、ルーペさんがnoteで長文詳細解釈文(でもネタバレだから気をつけて)を書いているというのに、俺といったら小説は1回読んだだけだし、その元ネタとなった写真集はパラパラ見ただけだから内容忘れてるし。
なんというか、キャスに対する熱意の差が我ながら酷い(まあそれは今回のお題に対する熱意の差だけかもしれないけど)。

で、海よりも深く反省したので(浅瀬だけどね)、とりあえず明日の午前の予定をキャンセルし(映画見て、iPhoneのバッテリーを交換するつもりだった)、キャスに備えてサムネイル作ったり、構成考えたり、なによりもせめてもう一度ぐらいは『ぬけがら』を読んで、もう少し語れるようにしておこうと決めた。
感想文キャスをやろうという言い出しっぺは僕なので、そのあたり責任持たないとね(キリッ)。

そんなわけで明日9月24日、木曜日。18時から「ザンクとルーペのWeb作家的読書感想文」やりますので、お暇な方はぜひお聴きくださいませ(内容に問題なければYouTubeに残しますが、シラフではない可能性が高いので微妙)。
30分で締めますが、興が乗れば同じ題材を別角度から語るアフタートークやります。リンクは多分これ↓(やや自信ない)

https://twitcasting.tv/lelefantino

さて明日から連休ー。
とはいえ予定を組んでいるので、まずはそれをちゃんと実行できますように。
熱意あれ!

リアリティ不足

カクヨムで書いている『亀を投げる』を一旦非公開にしました。

書き直したいなーと思って、以前から一旦下げようと考えていたのだけど、なんとなく放置してしまっていたのだ。

で、このタイミングで非公開にしたのは、昨日たまたま『私の家政夫ナギサさん』というドラマを見たこと。
主人公が製薬会社の営業(MR)だったのだが、自分の小説も似たような主人公は病院勤め(年齢も近い!)、彼氏がMRという構図にしてはリアリティないな、と思って、一度きちんとそのあたりを調べてから書き直すことにした(内容で勝負する前にディテールで勝負するつもり)。
先の展開(新宿のシーン)の取材(ロケハン)ができないからということも理由の一つだけれど、これも「取材不足」という点で同じなので、全体的にもう少しリアリティが出るように書き直します。

いつまでも下げておくつもりはなくて、秋になる前には「完結」するつもりでいる(言ったなー)。

ちなみに『私の家政夫ナギサさん』は面白かった。多部未華子は声が綺麗だと気づいた。
ちょっと追いかけて見てみる。

『日本で一番悪い奴ら』観た(ずっと観たかった)。
正義とか、必要悪とか、そういうことについて考えた。
コミュニティを守るため、時には「毒をもって毒を制す」が必要なのだろうか。でもそれは単純に頭の挿げ替えであって、権力はより過激に、より根深くなってしまうだけのような気もする。
フィクションだと「ワルがワルを制する」という構図がカッコよかったりするけれど、実話ベースだと聞くと、うーん、という感じ。でもこれも「リアル」だよね。
綾野剛をはじめ、キャストが全員クセがある感じが出ていて良かった。

新型コロナは空気感染の可能性が言われはじめてしまい、今やってる対策がもはや、ほとんど意味がないような気がしてくる。
結局はマスク、うがい、手洗いをして、人となるべく合わない、という個々に委ねられる対策しかないのだろうか。
その中で「社会性を保つ」ためにはどうすればよいのか。その上で「良い社会」とはどうやって作っていくのか。より一層深く考えなければならない。

とにかく、やるべきことを早くやっとかないと、と思っている。自分で自分に発破かけないとなー(できてない)。

物語を書く、ということを今一度考えてみる。
それと同時にリアルも頑張らな。

開幕&閉幕

2020年のプロ野球が開幕した。

無観客試合ってどんな感じなんだろうかなー。
試合の様子を見ていないからなんとも言えないが、声援の効力は大きいと思うから、それを得られない選手にとってはなかなか成績が上がらないのではないか。
でもファンは待ちに待った、というところだろう。いつもと違うシーズンではあるが、頑張って良い試合をしてほしい。

なーんて、ちょっとトレンドっぽい話題に触れてみたけれど、個人的にはそれよりなにより、今日はカクヨム2020夏物語の中間選考発表があったのだ。
残念ながら、僕の小説は中間突破ならず。
あわよくば1作は通るのでは……なんて淡い期待を持っていたけれど、そんなに甘いもんじゃない、ということだ。

昨年末に短編を出したときは、端から選考通るわけないと思って書いていたのに、半年経って書いたものには、少し期待してしまうぐらいにはなった。この自分の思い自体は“のびしろ”だと捉えて、懲りずに書き続けよう。
もちろん単純に実力不足ということだけれど、自分に足りない部分がなんとなくだけど、つかめてきた気もする。
次回はとにかく中間突破を目指すぞ!

そんな感じの週末。
ビール飲んで気持ちを切り替えてまた明日。

声枯れポッドキャスト

録れる時に録っておけ。

ということで、「NerdyDays ONAIR版」の14回目を配信しました。
https://anchor.fm/nerdydays/episodes/Nerdy-Days-ONAIR-Vol-14-edqlfn

びっくりしたのは、声がぜんぜん前に出ない。
それからすぐ枯れてしまう。いつもなら、ひとつのお題はずっと喋りっぱなしで大丈夫なのに、途中で止めて喋り直したりした(響声破笛丸も飲んでるのにさ)。
ポッドキャスト内でも言っているように、ヴォイトレとか発声練習とかを普段していないけれど、日常会話自体が喉のトレーニングになっているんだなあと発見した。
これ、日頃から声出しやらなきゃいかん。

それから小説の話をしましたので、僕のカクヨムページを貼っておきます。
https://kakuyomu.jp/users/zanqtakano/works

お暇な方はぜひ。

ヘロヘロながらも更新したことに意義があると思って(ハードル低い)、それから2日連続で失くしていたやる気を取り戻すためには、この配信は良い機会になった。

さて、明日は出勤。頑張りまーす。

蓄積疲労とヨムの日

2日連続出勤。

2か月前まで週5日(4連勤含む)で出勤していたなんて嘘みたいだ。
「これ、もとに(つまり元の身体に)戻れるんだろうか」とやや不安になってくる。「生き方改革」が必要なのかも。
ただ、今日中に済ませなければならない業務はひととおり終えられたので良かった。

そして、カクヨムでいろいろな作品を読んで(読み直して)レビュー書く。
ひとの作品を読むことで、自分が書くことにプラスになりそうなことが見つかったりする。あと、レビューを書くために読むのと、普通にさらさらと読むのとは読み方が変わってくるのも発見。どっちも楽しい。
それから、自分の作品も応援していただいたり、レビューを書いていただいたりして嬉しい。頑張ろうという気になる。
つまりそれは、僕がレビューを書くことで、頑張ろうと作家さんが思ってくれてるだろうから、それもまた嬉しい。
書くと読むの両輪で楽しみが拡がる。「カク・ヨム」とは上手く言ったもんだね!

それにしても疲れた。
仕事もそうだけど、自分のキャパを超えて書いたり読んだりしたので、知恵熱出たのかもしれないな。

そんなわけで、酔いたくなくて、昨日に続いてノンアルコール。
明日は美味しいお酒が飲めるといいな。