オフィシャルブログ

第10回 西谷国登ヴァイオリンリサイタル Special Ver.

西谷国登さんの第10回ヴァイオリンリサイタルだった。

2年前の5月に予定していた公演が新型コロナ感染拡大の影響で中止となり、自身のリサイタルは前回2018年から実に4年ぶりの実施となる。
国登さんの「同じものをやるのではなく、バージョンアップしたい」という性格からか、2年前に予定していた曲目ではなく、今回のために新たに組み直したプログラムで開催された。

そのプログラムは
ブルッフ『ヴァイオリン協奏曲第1番 ト短調』(弦楽オーケストラ版)
サン=サーンス『ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調』(弦楽オーケストラ版)
フランク『ヴァイオリン・ソナタ イ長調』

「メインの曲目として1曲ヴァイオリン協奏曲を弾く」というのが一般の演奏会なのにそれを2曲続けて弾き、その後ヴァイオリン・ソナタという、メインディッシュ3つ、あるいは某テーマパークに例えれば、マウンテン系含む180分待ちのアトラクション3連続みたいなラインナップ。
聴いているほうは単純に楽しめばよいが、協奏曲のソロを2曲やり、そのあとソナタを弾くというのは、普通ではありえないプログラミングだ(いや、やはり聴くほうもエネルギーが必要かもしれない)。

本来はフルオーケストラの楽譜である協奏曲2曲とも、弦楽オーケストラ用に西谷さんが自らアレンジして、その曲のソリストをしながら、オケの指揮も同時に振るという、とてつもない荒業にチャレンジしている。
果たしてそんな荒業が可能なのか、というと、これが本当に素晴らしい出来なので恐れ入る。
ソリストとして最後まで集中を切らさないエネルギーもさることながら、指揮も片手間で「フリ」をしているのではなく、きちんと振って曲に色を付ける。

そしてこの弦楽オーケストラ版のアレンジがすごい。
初めからこういう譜面が書かれていたかのような完成度。実際に譜面を見たわけでも(ましてや読めるわけでも)ないが、全弦楽器が合わさったものを聴くと、全ての楽器が共鳴しているように聴こえた。
ソリストに対して伴奏に徹するのではなく、オケとして聴かせどころを作ったアレンジで、普段、オーケストラの音楽監督をしている西谷さんの能力が遺憾なく発揮されたように思う。
オケとのフレーズの受け渡しやフィンガリングの共演など、随所に掛け合いを取り入れて弦楽曲の面白さ、技術の高さを感じさせた。

そして、それをきっちり音楽に昇華させるオーケストラのメンバーも圧巻。
コンサートマスター伊東佑樹さんをはじめ全員、1音1音がなぜ譜面のその場所に書かれているのか、西谷さんの意図をきちんと理解して弾いている様子が見事だった(そして何より皆さん楽しそうに弾いていた)。

濃厚で迫力のあるヴァイオリン協奏曲2曲のあとは、休憩をはさんで、ピアニスト新納洋介さんとのフランクのヴァイオリン・ソナタ。
二人でCDレコーディングしている経験や、すでに演奏会でも共演しているので、お互いをよく知っていることもあり、聴く方も安心して曲に浸ることができる。その中でも阿吽の呼吸で「遊び」を取り入れ、この日、この瞬間にしか聴けないフランクのヴァイオリン・ソナタで楽しませてくれた。

アンコールの『チャールダッシュ』では、「こんなチャールダッシュあるの?」と思えるほどの自由かつ楽しい演奏を披露され、一流の音楽家の共演を鑑賞することができたことを嬉しく感じた。

 

前半は、代名詞でもある「ヴァイオリニスト兼指揮者」としての総合的な音楽の素晴らしさを表現し、後半は新納さんのピアノを信じて、思う存分楽しみ、楽しませる演奏。まさに「西谷国登リサイタル」という名にふさわしい、他の演奏家では実現できないステージだった。

それをこなせたのは、4年間思うように演奏会ができなかった月日の中で培った、「お客様を楽しませたい、西谷国登の表現する世界を存分に感じてもらいたい」というアーティストとしての覚悟なのかもしれない。
彼にしかできない舞台を作り上げ、唯一無二の境地に至ったとすれば延期の2年は無駄ではなかったろう。

そして、その余韻に浸る間もなく、来年の9月23日にはすでに次回のリサイタルが予定されている。自分の演奏を楽しみに来る方々に期待以上のパフォーマンスを披露し、それでいて、また新たな境地を見せるくれるに違いない。

思いは思いのままで

休日。

いろんなことを思った日。

詳しくはまた改めて、だけれど、自分には何もないなーということを受け入れつつ、すごい人のそばにいられることをありがたいと思いつつ。でも自分なりにやれることはやろう。そんな1日だった。

この思いを大事にしつつ、明日からまた頑張ります。
今日はそんなところで、おしまい。

買う&買う

今日もとてつもなく暑かった。

夜中に暑くて目が覚める日が続く。
目が覚めた後、クーラーつけても寝付けないんだよね(かえって冷えすぎるのだ)。結果、寝不足になってしまう。悪循環。
解決策になるかはわかんないけど、とりあえず扇風機を買った。届くのは火曜なのでそれまでは安眠する方法をなんとか工夫したい。
今日は保冷剤をアイスノンがわりにしてみるよ。

買った、といえばSwitchの「モンスターハンター ライズ」のダウンロード版を買った。これもセールだからとりあえず、という奴だ。
拡張コンテンツの「サンブレイク」というのが木曜に出たばかりで、ちょっとモンハンやりたいなーと思ったのはこの記事を見たからだ。だから本当はこっちも一気に買うべきなんだろうけど、前も書いたようにいかんせん一緒に遊ぶ友達がいないので、迷っている。ただ現状だと、世間が最新のゲームで盛り上がっている同時期に、“少し古い”ゲームをプレイすることになるので、それもなんだか悲しい。よし、ソロプレイを極める覚悟ができたら買うことにしよう(なるのか?)。

昨日は飲みすぎて、ブログの内容をよく覚えていなかった。読み直して、いつもだったら書き直すような部分があってヒヤヒヤする。飲みすぎ良くないね。っていうか酔っ払ってブログ書くの危険だと実感した。気をつけよう(だから今日は飲む前に書いてます)。

明日はちょっと温度下がるらしいけど、気を付けていきましょう。そして今晩の安眠を祈る。

思い立ったら……

休日だった。

歯の定期検診の時期を3か月ぐらい逃してしまっていた。メンテナンスとクリーニングなんだから行かなくてもいいんだけど、虫歯になるのも嫌なので、予約して行った。
仕事帰りに行ければ都合がいいのだが、上手く合わず今日の午後になってしまった。休みを使う、しかもあいにくの炎天下。正直、この時間帯を選んで失敗した感満載。でもめげずに頑張ったよ。今日のところは異常なしでよかった。

あと、思い立って靴を買った。
履いたり脱いだり、あと店員さんにサイズいろいろ持ってきてもらうのが億劫で、思い立たないと靴を買えないタイプなのだ(あとズボンもな)。
パッと見、気に入ったのがセール品だったので、それはサイズ合うのを買うことにして、多分今日この面倒くささを乗り越えないと、2年は靴を買わないだろうと思って(そしてだいたいそんなサイクル)、もう1足はセール品じゃないけど、手頃な値段の気に入ったカジュアルシューズも買った。これで当面は靴のことを気にしなくて済む。ただビジネスシューズをもう1足買わねばなので、それはまた考えます。

夜は、ずっと前から決めていたマクドナルドにしたら、地元のマックが超絶混んでいた(なんかイベントやってるのかな?)。15分ぐらい待って、チーズバーガーとポテナゲ大を手に入れて帰宅。C級……だけども円高のせいで(?)500円をちょい超えるワインを飲みながら食べた。ブログで伝えられればいいのだけれどね。

そんな休日。
最近“のんびりした”休日を過ごせてないことに気づく。やっぱりのんびりする日作らなきゃね。
そんな思いで7月スタート。今月も頑張りましょう。

バタバタした6月が過ぎゆく

なんとか今日を乗り切る。そして気がついたら6月最終日だった。

今月は自分にしてはめずらしくやたら出かけた月だった。はじめましての人と会う機会も多かったな。そしてその分、色々と迷走したりもしている。
でも、まあなんとか一か月乗り切った感はある。7月はもうちょっとおとなし目にしつつ、“濃い”日を増やしたい。

ベッドを4月末ぐらいに注文して6月に届くはずが、海外からの輸送のうんぬんで、延期&延期で7月中旬にならないと届かないと連絡がきた(これもまた延期になりそうではある)。
引っ越した当初は、布団をしまえる収納スペースがあるからベッドなしでもいいやー、とか思ってたけど、面倒くさくてしまわないのと、やっぱり床に布団を敷いて直に寝るのは背中に負担がかかる(お年頃)ということに気づいてすぐネットで購入したのだが、ここまで延びるとは思わなかった。キャンセルにならないだけマシだと思って気長に待とう(とはいえ7月中には欲しい)。

明日は休み。でも歯医者にメンテナンス行く予定。
そして最近睡眠不足なのでしっかり寝たい。

ぐったりからの邂逅

今日も暑い。

夜、暑さでちゃんと眠れてないからか夕方からの睡魔がすごかったから、今日は早めに帰ってとっとと寝るつもりが、帰りに調べ物しに本屋に寄ったら、同じく調べ物しに来た同僚とバッタリあって、そのまましばらく調べた後に一緒にご飯食べて帰ってきたらこんな時間。先週ぐらいから野菜炒めが無性に食べたくなっていて、多分身体が危険信号を発しているのではないかと思って、今日ようやく食べられた。

このところ、しなくてもいい苦労をさせられていると思うのだけど、同じ苦労を共有できる人がいるのはささやかな救いだったりする(相手も同じように感じていると嬉しいけどな)。もう少し頑張れるかなー。

じゃあ、もうちょっとだけ調べ物して寝る。
明日乗り切って、明後日ゆっくり休むのだ。

原因は多分暑さ

超絶暑かった。

車で実家に行ったのだが、車外温度調べたら午後4時なのに44℃だった(さいたま)。
そもそも暑すぎて早朝に目が覚めてしまった上にそんな感じでバテたので、もう今の時点で眠い。そしてお腹急降下中(たぶん腹冷え)。

それと、実家でAmazonの誤配送が発生。
玄関先に違う住所の置き配が置いてあった。こういう時どうすればいいのかわからなかったが、ググってカスタマーセンターに電話して引き取り依頼できた。こういうのも経験ないと焦るよね(こういう誤配送で「行方不明」になってしまう配送品もあるのだろうか)。あとカスタマーセンターがグローバルなのがAmazonっぽかったよ。
まあ、これだけ暑いと配達する人も間違えやすくなるよね、きっと。体調に気を付けてほしい。

そんな日だった。
暑い暑い言ってるうちに6月が終わっていく。あと2日。なんか有意義に終わらせたい(あいまいな表現)。

微熱

とりあえず週始めをなんとか乗り切る。

とにかく暑くて参った。基本的に自分は寒がりなのだが、それでもこの暑さにはめげる。そして突然の梅雨明け。これから体調管理がより大変だ。

スター・ウォーズの『クローン・ウォーズ』映画版を観た。
これは当時、劇場に観に行ったんだよな。内容全く忘れていたけれどね。この続きを描いたTVアニメ版の『クローン・ウォーズ』の評判が良いので、ちまちまと観ようと思う。『オビ=ワン・ケノービ』観てスター・ウォーズ熱があがってしまったのだな。

まあ、人生山あり谷あり、というか谷のほうが多い気がするが、今週も頑張っていきましょう。

熱唱 in 新宿

休み。

昨晩うっかり『クローンの攻撃』を23時過ぎからフルで観てしまい夜ふかしだったので、遅めに起きたことがたたってか、うまく活用できなかった日。テンションを上げるのが難しい今日この頃だ。

で、夜は、前から約束していた友達とのカラオケのために新宿にでかけた。
気心知れた人たちではあるけれど、カラオケに行くのは初(&ほぼ初)だったので、ド緊張した。なんというか、複数人で行くカラオケでの“ふるまい”がよくわからなくてCPUがショートするのだ。でも、まあ好きな曲を好きなように歌ってしまえ、と思いきれたので良かった。
そして予想以上に楽しかった。3人で3時間、あっという間だった。そして超レベルの高いカラオケだったから、その雰囲気にのせられて上手く(気持ちよく)歌えたのが良かった。まだまだ自分は「井のなかの蛙だ」という反省と、通用するところは大丈夫という自信を持てたのもあるが、単純に超楽しかった。
次回への課題曲も見つけたので、今後も精進していきたい。

明日からまた気張る日々が始まるが、乗り越えられそうなエネルギーをもらえたので、終わってみれば良い休日。
いろんなことを頑張りましょう。

推し誕2022

6月25日。

推し=麻倉ももさんの誕生日だったよ。
で、振り返ってみれば、初めてTrySailのライブに行ったのは4年前の今頃。なんだかんだで4年応援してるわけだ。そしてそれ以来、なんでもなかった日付が自分にとっては大事な日付になっている。不思議なもんだね。
飽きっぽい自分にしてはこれほど長く推してる芸能人は初めてなわけで、感慨深い。っていうか、あれからもう4年も経ってしまったのか、という衝撃のほうがデカいけどな。

そして予想通りのライブツアー告知解禁。めでたい。
東京の最終公演の日は予定が入りそうなので行けないのだが、初日のチケットは取ることにした。良席とかどうとかでなくて、まずは抽選に当たることが大事。とはいえ、良い席に越したことはないが、邪な思いを抑えて、シンプルにライブに行けますように(そしてその時楽しめる心境でありますように)。あと、売り出しがまだなので忘れないようにチェックしておかないと、だな。

6月もそろそろ終わり。色々厄介なことはあるけど、まあやるしかないかーという心境の今。これまた日替わりな気分ではあるが、こういう気持ちのときに、自分に足りないものを埋める作業をしておこう。

じゃあ晩酌して、寝ますー。