オフィシャルブログ

リアリティ不足

カクヨムで書いている『亀を投げる』を一旦非公開にしました。

書き直したいなーと思って、以前から一旦下げようと考えていたのだけど、なんとなく放置してしまっていたのだ。

で、このタイミングで非公開にしたのは、昨日たまたま『私の家政夫ナギサさん』というドラマを見たこと。
主人公が製薬会社の営業(MR)だったのだが、自分の小説も似たような主人公は病院勤め(年齢も近い!)、彼氏がMRという構図にしてはリアリティないな、と思って、一度きちんとそのあたりを調べてから書き直すことにした(内容で勝負する前にディテールで勝負するつもり)。
先の展開(新宿のシーン)の取材(ロケハン)ができないからということも理由の一つだけれど、これも「取材不足」という点で同じなので、全体的にもう少しリアリティが出るように書き直します。

いつまでも下げておくつもりはなくて、秋になる前には「完結」するつもりでいる(言ったなー)。

ちなみに『私の家政夫ナギサさん』は面白かった。多部未華子は声が綺麗だと気づいた。
ちょっと追いかけて見てみる。

『日本で一番悪い奴ら』観た(ずっと観たかった)。
正義とか、必要悪とか、そういうことについて考えた。
コミュニティを守るため、時には「毒をもって毒を制す」が必要なのだろうか。でもそれは単純に頭の挿げ替えであって、権力はより過激に、より根深くなってしまうだけのような気もする。
フィクションだと「ワルがワルを制する」という構図がカッコよかったりするけれど、実話ベースだと聞くと、うーん、という感じ。でもこれも「リアル」だよね。
綾野剛をはじめ、キャストが全員クセがある感じが出ていて良かった。

新型コロナは空気感染の可能性が言われはじめてしまい、今やってる対策がもはや、ほとんど意味がないような気がしてくる。
結局はマスク、うがい、手洗いをして、人となるべく合わない、という個々に委ねられる対策しかないのだろうか。
その中で「社会性を保つ」ためにはどうすればよいのか。その上で「良い社会」とはどうやって作っていくのか。より一層深く考えなければならない。

とにかく、やるべきことを早くやっとかないと、と思っている。自分で自分に発破かけないとなー(できてない)。

物語を書く、ということを今一度考えてみる。
それと同時にリアルも頑張らな。

編集技量、プレイ技量

『BIOHAZARD RE:2』実況動画3回目更新。

前2回に比べると、ちゃんと目的を持って行動しているので、展開はわかりやすいかも。
見直して気づいたのだけれど、導入部分の「言い訳」が2回目と絵面といいコメントといい、ほぼ同じで苦笑する。
言い訳せずにはいられないほどの下手さ加減ということでご容赦ください。

この動画は『SHARE factory』というPS4を持っていれば無料でダウンロードできる編集ソフトで作っているんだけれど、結構な追加効果が使えるので嬉しい。
それを効果的に使えているかは別の話だが、今回は画像を一部アップしたり、字幕のアニメーション効果を使ってみたり、と初めて使う効果を取り入れてみた。

本当はとある場面でファンファーレをつけたかったのだけれど、そういう「効果音」がなくて(デフォルトの版権フリー曲は入っているのだけれど)、どこかから素材を見つけてこないと入れられなかったので、次回に持ち越し。

字幕のフォントを変えられなかったり、アニメーションもパワポレベルで物足りなくて、いずれはPCの編集ソフト買おうかなーとか思ってしまう。
でも、それでゲーム動画編集するにはキャプチャーボード買う必要があるし、きっと今買っても使いこなせないので、まずは『SHARE factory』を極めてからにしよう(それまでに『バイオRE:2』をクリアできるのだろうか)。

推しの声優 夏川椎菜(ナンス)の実況動画を見て、ゲーム実況と動画編集を始めた僕ではあるが、ナンスは自分のYoutubeチャンネルで結構凝った編集動画を公開している。
後追いで始めてみた身からするとその出来栄え(編集も内容もね)を心から尊敬するのだけれど(簡単に弾けそうな楽器が弾いてみると、その難しさがわかる、という感覚に近い)、彼女が最新のブログに、動画編集の際いろいろ凝ったチャレンジすることをこう書いていた。

単純に、昨日できなかったことができる自分がとても好きです。

これ、真理だよねー。

新しいことを覚えて、それができるようになる、って喜びの基本だ。だから僕もめげずにこれからもヘタレつつも実況プレイして、より凝った編集動画アップしますよ。
こんな編集ですが、今回2時間かかってるんだよね(プレイ時間の3倍以上だ)。
もっと言えば、動画編集以上にプレイをするほうが辛いのだけれど……

これを1本編集しただけで、休みが終わってしまった。
あ、でも朝、雨振る前にランニングできたし良い休日だった(はず)。
晩御飯を買い出しに行って、飲んで寝ることにする。

明日からまた頑張るぞー。

ダウニング

良い方にも色々あることを知る。

今更?って感じではあるが、いわゆるアッパー系とダウナー系があると思ったのだ。
気づいたのは二三日前にバーボンを飲んだ時。
なんとなく気分が落ち着く……いや“落ち込む”感じがしたのだ。翌朝も引き続きそんな感じ(それは飲み過ぎなのかもしれないが)。

バーボンは美味しくて好きなんだけれど、確かに酔ってハイになったことはないかも。
なので、翌日はビール飲んだら、これは気分がややハイになった。
ワインや日本酒も基本的にはハイになっていた気がする。
僕はウイスキーが飲めないので、はっきりとは言えないけれど、バーボンやウイスキーのような蒸留酒はそういうダウナー系アルコールなのかもしれない。

これってみんな知ってた?
それとも自分にとってだけなのだろうか。
次にアルコールを飲む時は、アッパー系なのかダウナー系なのかも確認しながら飲んでみよう。

という話を、バーボンを飲んだ翌日に考えたのに、今の今まですっかり忘れていて、今日のブログに書くことになった。
これもアルコールの影響なのだろうか(飲み過ぎだよ)。

そんなわけで今日はシラフでお届けいたしました。
また明日!

投票と倍返し

都知事選は、うーん、な感じだ。

わかっていたこととはいえ、虚しい思いはある。
結局はこの社会に対するニヒリストをいかに減らすか、ということが肝心なのかなと思ったりした。
そのために、さて、僕に何ができるんだろうか。

それにしても、とにかく投票ができて良かった。
仕事帰りにしようかと思ったのに、結局残業で、もしそうだったら間に合わなかったのだ。早起きして、出勤前にしたのは正解だった(危うい)。

でもって、テレビつけたら「半沢直樹」のダイジェスト版やってたので見た。
僕はちょうどこの第1部の後半から見始めたんだよね。
で、このドラマの半沢直樹の奥様である花さんが、超理想の奥さんなんだよなー、と改めて思う。上戸彩は、この役やっただけで全てを許せるぐらい(見るとこそこかよー)。
自分も色々頑張ろー。

さて、あいかわらず帰宅後はダラダラとしてしまったが、また明日から出直しましょう。

心機一転、都知事選

昨日を反省して心を入れ替える。

と、なんだか大層なことを言ってみたが、ちょっとだけ本を読む時間を増やしたり、ネットを見る時間を減らしたり、と、そういうことだ。
「何をするか」はもちろんのこと「何をしないか」ということを決めることが大切なんじゃないかなと思う。

明日は都知事選挙だ。
僕は前回は、もう東京に住んでいたもののタイミングとしては埼玉県民扱いだったので、初の投票になる。
できれば今日、仕事帰りに期日前投票してこようと思ったけれど、案の定残業になってしまったので、明日の朝、仕事前に行ってくるつもり。
投票する候補者は2人に絞って

いるけれど、正直、今も迷っている(だから早めに期日前投票に行くことができなかったのだ)。
その2名のうち「どちらかといえば」という候補者に入れるつもりだが、明日、投票所に行った時の感覚によっては変えるかもしれない。
とにかく、「投票できなかった」ということだけはないようにしよう。

大雨だの、3桁の感染者数だの、心が不安になる環境にはあるけれど、きちんと生活できていることに感謝しつつ、やるべきこと、やりたいことを早くやらねば。

そんなわけで明日は忘れずに投票に行って、仕事も頑張ります。

やる気のでない後半戦スタート

やる気でないデー。

それでも午前中、ランニングはした。前2回走ったのと全然違うコースをグーグルマップで物色して、市内を走った。
美味しそうな石窯パンの店や、ジャンクなホビーが並んだ怪しい店を見つけたりでき、街中を走るのはこういう楽しみがあるなーと思った(パン屋は今度行ってみる)。

午後は駅前に買い出ししがてら本屋へ寄ったら、『奇譚蒐集録〜北の大地のイコンヌプ〜』の表紙の絵がすごい好みで「ジャケ買い」してしまった。前作もあるみたいだが、とにかく表紙に惹かれたし、単独でも大丈夫そうなので縁だと思って読んでみる(あらすじ読んで面白そうだったしね)。
それと同じように『増山超能力師大戦争』も表紙が素敵で、これは始めから読んだほうが良い感じがしたので、『増山超能力師事務所』を買った。誉田哲也は『ストロベリーナイト』を読んだ時になかなかページが進まなかった覚えがあるが、第1話はすいすい読めた。話も面白い。基本、キャラのたった物語が好きなのだ。

ダラダラとしているうちに夜になり、『ブロークンシティ』観て、今日はおしまい。
硬派な、それでもやっぱり「マーク・ウォールバーグもの」で面白かった。

やる気がでないことの一因は、まあ、やっぱり感染者が増えていることだけれど、その不安を言い訳にしちゃいけない。
自分が元気でいるうちはやるべきことをやらねば。

明日から仕切り直して頑張ります。

夢の印税生活

印税が入った。

6年ぐらい前に、お世話になっているジャズピアニストの方から、CDのカップリング曲(まあB面ですよね)の作詞を書いてみないかと誘われて、1曲書いた。
補作詞をしていただいて、素敵な曲がついたおかげで、完成した時は、我ながらけっこう良い曲になったなあと思った。
で、そのCDはインディーズレーベルじゃなく、ちゃんとしたレコード会社から出たので印税なるものが発生したらしい。
今日、久しぶりにその人にお会いしたら「あ、印税渡さなきゃ」と言われたのだ。

その額、1400円。

あ、実際のシチュエーションでは、先に金額を聞いてから「印税だよ、印税」と言われたのでガッカリとか (´・ω・`)ショボーン ということはなかったよ。
それより、自分が音楽に携わってお金が稼げたということが超嬉しかった。
好きなことでお金稼げるって素敵だよなー。

そんなわけでこの1400円から色々と思うところはある。
それを大切にしつつ、後半戦、幸先良いスタートなのかもしれない。

前半戦の最後の最後

江戸川台ルーペと5か月ぶりにリアル飲み会。

1月18日に雨宮天のライブに一緒に行って以来で、その時のチケット付属グッズを手に入れるため両国で飲む(両国のローソンでチケット買ったので、そこでしか引き換えできないのだ)。
「17時から飲むのがプロだから」と17時集合にしていたら両国の鳥貴族は18時開店だったため、同じビルにある鳥メロという店で飲んだ。
鳥メロは悪くないけど、やっぱりアウェーな感じがした。

ルーペさんとはツイキャスで話したり、その後のオンライン飲み会で話していたものの、リアルで会うと感慨もひとしお。
とりあえずお互いなんとか生き抜いてきたことが喜ばしい。

1月の韓国旅行のお土産を渡したり、本を交換したりして、TrySailの話やらカクヨムの話やら近況報告やらをした。
18時にはトリキに移動して(我々のホームだ!)21時頃まで話し、シメに下調べしておいた熊本ラーメンの店に行った(なかなか美味しかった)。

まだ気をつけなきゃいけないのはわかるし、自粛疲れだから、もう解放されたい、という気持ちなわけでもない。
でも、やっぱり友達とリアルで会うってことは大事なことだよ(最大限気をつけつつね)。

ここ最近、東京の感染者数がちょっと怖い数字にはなっているが、そこで生活している者としては、罹患した人だって無防備でいたわけではないだろうと実感する。
ビニールカーテンのある光景、こまめに消毒をする光景、そういう中で僕らも注意を払いながら、人生の大事なことである「交流」はしていきたいな、と思うし、それをダメと言われてしまったら、ちょっとなー、というのが正直なところ。

今週からワイドショーもスタジオにコメンテーターを入れるようになって、そういう「雰囲気」に乗っかるようでそれはそれで嫌だけれど、注意しながら、できる交流はしていきたいな、と思った2020年前半戦最終日。
おかげで、この予想外の前半戦に一区切りつけられた感じがする。

2020年が良い年になるかどうかはこれからにかかっている。
後半戦に向けて頑張ろう。

2020年の折り返し地点

再びのランニング。

午後から雨の予報だったので、休みながらも早めに起きて走り始めたのだが、復路で早くもポツポツと雨が振り始めてきた。でもさほど気にはならなかったし、炎天下の中を走るより、曇り空のほうが楽な気はする。
今回は少しルートを変えて3.8キロを28分で走った。
こないだよりほんのちょい遅いペースで、ジムで走ってたときのペースに近いせいか身体の負担が軽い。今日の感覚を覚えておこう。

走ったせいかわからないけれど、体重はちょっとだけ減った(昨日焼肉食べたのに!)。
とはいえ「超ヤバイ」が「ヤバイ」ぐらいになっただけなので、気を引き締めて体を引き締めよう(上手いこと言ったつもり)。

で、怖いのと難しいのでちょっと敬遠してしまっていた『バイオRE2』の実況プレイをまた進めた。
あいかわらず上手くならないし、難易度が上がってくるしで、心が折れそうになるがなんとか1つ目の課題をクリアするとこまできた(まだそこかよ)。あと初めて“昼間”にプレイしてみたけど、これといって怖さに違いはないようです。

ゲーム進度としては多分15%ぐらいの段階で、すでに這這の体なわけだが、始めてしまった以上詰むところまでは行くよ(クリアしろよ)。
編集して公開するのは週末あたりに。

気がつけば6月終わり。そして今年半分終了。
ほとんどコロナだったし、後半戦もコロナがらみの人生にはなってしまうんだろうな。
それでも強く、明るくを心がけたい。
そして生き抜こうね。

予期せぬ残業と三人焼肉

18時頃から突発の仕事が重なって起きた。

今日はさほど苦もなく仕事が終わるかなーと思ってた矢先に、次から次へとプチトラブルが発生して、結局20時半まで残ることに。
トラブル自体は一旦落ち着かせられたものの、本来やるべき仕事は中途半端に残ってしまった。あんまりのことに滅多に飲まない缶コーヒー飲んでしまったよ(あの独特の砂糖の甘みが欲しくなったのだ)。

仕事後に友人と二人でご飯を食べにいく約束をしていたのだが、昼に職場の同僚から高級焼肉の話を聞いたおかげでどうしても焼肉が食べたくなって、焼肉ライクに行くことにした。
向かう道中で、共通の知り合いとバッタリ会ったので、一緒に焼肉を食べることに。
僕は一人ライクしかしたことないが(っていうかあの店ってそういうコンセプトだよね)、三人横並びで焼肉を食べるという斬新な夕食になった。
二人は初ライクだったらしいが、満足してくれたみたいで良かったし、意外な流れの会食はとても楽しかった。

昨日、意外な人たちとの交流があったのに続いて、今日もそういう流れがあったのかもしれない。仕事終わりは気持ちがやや落ちていたが、一日終わってみれば、なかなか良い気分でいる。人生ってそんなもんなのかもね。

明日は飲む予定があるので、今晩もノンアルコールで終了。
休みをちゃんと活用して、また仕事に備えましょうかね。