謎電話と覚悟と417の日

今朝8時過ぎに非通知の電話がかかってきた。

おそるおそる取ると(律儀)、自動音声のアンケートだった。
「衆議院選挙についての〜」みたいな内容で答えようかどうかちょっと悩んだけど、いきなり「あなたの郵便番号をプッシュして」とか言われたので切った。
まあ最初に、録音音声が早口で言った会社名も聞き覚えがなかったし、なにせ非通知だしな。
詐欺じゃなくて本当のアンケートだとしたら、この方式考えた人はちょっとアレだと思う。

で、昨日の落ち込みを取り戻すように、今日はいくらか(それでも“いくらか”なの?)頑張って仕事した。とりあえず、ひとつ納期が近い仕事は片付けた。あとひとつ交渉ごとも進めた。
もうひとつ、全身全霊で当たらなければいけない物事があるが、これはペンディング。だけど向き合う覚悟だけはできた。覚悟だけでも持つと少しは気が楽になるものだ。とにかく今の自分でやれることをやるしかないのだ。

そんな仕事を早引きして、夏川椎菜のイベント「令和3年度417の日」を観に行くために千葉まで遠征。
昨日予告した千葉のモノレールにも乗ったよ。駅のホームが高いのは羽田のモノレールと同じだなと思った。
乗ったからといってこれといった感慨はなかったが、経験としてはよかったのだと思う(小旅行気分にはなった)。

417の日については明日書く。観に行って元気出たよ!
それにしても千葉(市)は遠い。

417の日。つまり4月17日だということは、もう4月後半に突入しようとしているのだ。
肌寒い日が続くから気づくの遅れたけど、もたもたせずに色々と頑張ろう。

先週末のその他の話

週末のTrySailライブは、すでに書いたようにファンとしてそれはそれは幸せな時間だったけれど、その内容については後日にして、今日は、ライブ以外の時間をどう過ごしたかを書く。

初日の3月6日は、せっかく代々木に行くのだから代々木八幡宮に行きたいと、盟友そしてTrySailファンのセンパイ。そしてこのライブ連戦の伴走者でもある江戸川台ルーペが言うので、早めに待ち合わせてお参りに行った。
ルーペさんは3度目、僕は先月に続いて2度目のお参り。

本堂はあいかわらず工事中で、ルーペさんは本堂しかお参りしたことがない、という勿体ないことを言っていたので、前回同様に三カ所を回るという“強よ強よ”のお参りの仕方をしてきた(それも所詮ネットの情報だけどな)。
僕は「ライブ楽しめますように」と、あともうひとつふたつ(欲張り)具体的なお参りをしておいた。今思えば、神席だったのは八幡宮のおかげかもしれない。
普通のおみくじは先月引いたので、今回は恋みくじをひいた。中吉なので結果としては良いけれど、相手がどんな星座や血液型や干支なら良いかが書いてある「占い度が高い奴」であんまり面白くはなかった(おみくじに面白さを求めるな)。

その後は、TrySailが昨年末のオンラインイベントで代々木八幡界隈の店で買い物していたのを知っていたので、そこを聖地巡礼した。
ライブの同志と思われるグループがプリン屋に入っていったのを見た。そういう推しと同じものを体感するのも楽しいよね。プリンは気になるけれど、持ち帰りたいから僕はまた今度にした。

遅い昼食がわりに行こうとした、TrySailも食べたハンバーガー屋がテイクアウトのみの店だったので、フレッシュネスバーガーにしようと歩いている途中で、ルーペさんが目ざとくTrySailがテイクアウトしたピザ屋(っていうかイタリアン)を発見したのでそこで食べた。3人が(というか買い出しにパシリにされたナンちゃんが)注文したのと同じメニューがあったので迷わず食べた。
オーダーストップ20分前に入ったせいか僕ら以外はノーゲストでゆったりできたし、ピザも超美味しかった(また行きたい)。

で、そのあと会場である代々木第一体育館まで散歩がてら20分ぐらい歩いた。
Googleマップで確認したのにちょっと道に迷いながらだった。この日が暖かくて良かった(翌日だったら風邪引いてた)。

渋谷方面から体育館の敷地に入ったら、ゲート近くの警備員さんに「関係者の方ですか?」と言われる。「いや、違います。(ただのファンです)」って言って立ち去りながら、おっさんだから関係者に見えたのかなーとか言っているうちに、「二人ともスーツだからだ!」ってことに気付いて爆笑した。
スーツで声優アイドルのライブに行くのが今、旬だと思う(嘘)。

開演90分前についた時点で、もうファンはかなりの人数だった。
今回グッズを買う気なかったけど(っていうか事前に通販ですでに買ってるんだけどな)、時間が余ったのとルーペさんがガチャする気満々だったので、僕もガチャだけやってみた。
今まではTrySailにちなんで3回引いていたが、今回は4回トライ。個人的に一番ガッカリなラバーリストバンド(いつもこれを引く気がする)も出たけれど、ピンバッジが出たのは良かった。早速スーツにつけてライブに参戦した。
缶バッジは僕が引いた天ちゃんと、ルーペさんが引いたもちょのを交換した。こういう時、推しが違うと良いよね。でも二人ともナンスのを引いて、それはちゃんとお互い持って帰るあたりナンスは一番愛されてると思う。

で、夢のようなライブ体験を終えたら、もうどこもかしこも店が閉まった状態なので、そそくさと帰る。明日もあるしな。

晩御飯は個人的に最強系の唐揚げ屋「からやま」でからあげ弁当買おうとしたけど、メニュー見てるうちにチキン南蛮に心変わり。ツイートみたら、ルーペさんもチキン南蛮食べててシンクロに焦った。
なんていうか、揚げ物の油分とタルタルの酸味と甘味を欲するようになってたのかもね。あと飲みたい気持ちに負けてビール飲んだ(プレモル350ml)。

 

翌3月7日は明治神宮にお参りに行った(お参り好きだな)。
ここは本田翼似の美人後輩が結婚式をしたのに呼ばれて以来の参拝(元気にしてるだろうか)。
思い返してみると、あまりプラスな思い出がない場所なのだが、入口の鳥居から見える森の神々しさというか、“なんかいる”感は半端ない。

本堂までの道のりが長く、結構な体力を使った。延期になったのだろう渋谷区の成人の集いがやっていたが、日曜にしては人は少なかった。
あと、おみくじを引いたのだが、大吉とか末吉とかそういうんじゃなくて、ありがたいお言葉が書いてあるタイプの奴で、ちょっとガッカリした(おみくじの仕様にガッカリするな)。
内容は「日頃の努力を怠ると、世間からとり残されてしまうでしょう」というギクッとするようなお言葉だった。「責任あることは必ずなし遂げましょう」ということなので、まあ、できる限りは頑張ってみます(引いた側から言い訳するタイプ)。

それから時間潰しに表参道のジョナサンで遅い昼御飯にする。
トマトソースのハンバーグが食べたかったので、迷わずそれにした。美味かった。
昨日と打って変わって寒い日だったので、ジョナサンの店内の暖かさがありがたかった。外で待つとか無理。花粉も酷かったしね。

寒さは会場内にも影響して、結局ライブ中、スーツのままでセーターすら脱げなかった(初日はシャツを脱いで、GO FOR A SAILのTシャツにジャケットで参加したよ)。
Odyssey(2019年のライブ)のTシャツを着ていったけど、披露できず。
まあ風邪ひくわけにはいかないしね。そういう無茶ができなくなっているお年頃(加齢)。

そして超絶満足した2日目ライブが終わり、暖かければコンビニで缶ビール買ってプチ打ち上げしてから帰ろうと言っていたが、あまりの寒さに日を改めて、全ての原点であるトリキで打ち上げをやると約束して解散。
夜はスーパーで半額になってた焼鳥買って、家で偽トリキした。ビールは500mlを飲んだ(この日もプレモル)。

鈍い痛みがあったので、左肩から腕にかけて、そして腰に湿布貼って寝た。おかげで今日はちゃんと腕使えた(ちょっと痛いけどね)。

そんな二日間だった。

本当言うと、昨日のライブを区切りにして、推し活から距離を置こうと思っていた。

なぜなら、このところ推しの影響力が強すぎて、やるべきことを忘れてしまっていたり、現実逃避のためにTrySailを推しているような気分になってしまっていたからだ。
ファンの気持ちは少しも冷めていないし、むしろ芯の方は燃えたぎっているけれど、学生が受験のために趣味を封印するように、一旦長期のTrySail断ちをしようと思って、その思いはライブを終えても変わらず、そのまま昨日の夜は眠りについた。

でも、一夜明けてみて、結局そんな極端なことしなくても、やるべきことをやればいいんだよな、と思い直したのだ。
やるべきことをやらないのは単純に自分のせいで、それを「推し活」のせいにしていることこそ逃げのように思った。
だから気持ちがあるんだったら、昨日までと変わらずTrySailのファンでいればいいのだ(ただ、最近入れ込み過ぎな傾向はあるから、適度に調整しようとは思っている)。

ちゃんと自分らしい生き方をして、なんの後ろめたさもなく次回のライブに参加できるようになるのだ。
それがこの二日を終えての心境だったりする。

さて、今日から“本当に”“ちゃんと”頑張りましょうかね。

2Days併走

TrySail Live2021“Double the Cape”DAYS 2。
初めての2日連続のライブ鑑賞だ。

なんて言っておきながら、TrySailのライブ、昨日を入れてまだ3回しか参加していない。
なんかもう30回ぐらい行ってる気がしてるんだけどな(脳は簡単に騙される)。
もっとも、もう2年近く毎日のようにアルバムだのシングルだのソロ曲だのを聴きまくっていれば、そう錯覚してもおかしくはないのだろう(アルバムとか、3枚どれも200回以上は聴いてるよな)。

で、今日はスタンド2階席での参戦。
昨日のようにかぶりつきで楽しめるわけではない(だから目も合わない)。
ただ、昨日は推しの表情がはっきりとわかるほど近い分(目も合う分←自慢したいだけ)、こちらも見られている感覚があって(推しに、だけでなくて後ろのファンにも)、なんというか立居振る舞いや所作をきちんとしなきゃいけないという思いが働き、正直緊張したのだ(真面目か)。もちろん、それは贅沢な悩みだけどさ。

今日はライブ自体を純粋に楽しめたし、客席で揺れる大量のブレード(ペンライト)の光に包まれてる会場が見通せて、一体感をより強く感じた。
ちなみに今日はブレードを1本増やして最大4本持ちにした。ライブ映像でよく見た、3本をトライアングルにするTrySailサイン(っていうの?)を作ったりして楽しかった。
っていうか、どの席であろうと、やっぱり“ライブ”は楽しい。

あと花粉症で連発していたクシャミが開演20分前になったら完全にピタリと止んだ。ライブが終わって山手線に乗り込んだらまたぶりかえしてきたから、集中力のたまものだろう。
ずっとライブが続いていれば、花粉症にならないかもしれない(間違った解釈)。

2日目のセトリも隙がないぐらい満足度が高く、2日連続で幸せな時間が終わった。
最後の挨拶でナンちゃん(夏川椎菜)が言った「ここに来ることを選ばなかった人も、また舞台を作って待っているから」という言葉が、この状況でリアルなライブをしていることが“普通じゃない”ということの意味を思い出させたりした。

そう、普通なら来られたのに、この状況だから来られなかったファンもいるのだ。

そのナンちゃんの言葉を引き取って僕がひとつ言えることは、何か表現することで生きている人たち、ファンはちゃんと待っているから諦めないでその日まで生きていこう、ということだ。
そしてファンの人たちへ。舞台に立つ人たちもあなたたちをちゃんと待っている。

表現者もファンも、この状況のせいで、たとえ一旦はその道から離れなければならなくなったとしても、また戻ってくると心に秘めていてほしい。
いつか全ての表現者さんと全てのファンたちが会える日が来ることを、一足早くその日を迎えられた幸せ者のひとりとして、心から願っている。

複雑な思いや葛藤は山程あっただろうけれど、ライブ実施の決断を下した運営の皆さんにはいちファンとして本当に感謝します。
そして、このライブをやって良かったと本当に思えるように、より一層の体調管理をしていきます。またいつかこの幸せな時間に(今度は完全な形で!)参加できることを、健康に留意して待っています。皆様もどうぞ、ご自愛ください。

ライブの内容については改めてまとめたい。
とにかく幸せすぎる2日間が終わり、また明日から生きていくのだ。

ライブ参戦1日目

TrySail Live2021“Double the Cape”初日に参戦してきた。

今日の体験を言語化するのはとても難しいので、思いつくことを思いつくままに書いていく。

とにかく楽しかった。
セトリが完璧すぎた(曲順も含めて)。
そしてなにより神席すぎた。花道のすぐ横。俺の隣、柵。
しかも花道で途中で立ち止まる位置が目の前なので(あとで床をみたらバミってあった)3人が歌って踊ったりするのはもちろん、『adrenaline!!!』でテンション上がりすぎてもちょに白い目で見られるナンスや、『disco』でこぶしをいつもより余計に回す天ちゃんなどを目の前で見られたのが、とにかく良かった。

やや入れ込み過ぎ&はしゃぎすぎて、まともに歌えない場面がちょくちょくあったけれど、「そうだよね、僕らファンだけじゃない、彼女たちのほうがライブしたくてしたくてたまらなかったんだものね」ということを改めて思って、推しの楽しそうな姿を見られたことが何よりも嬉しい。
そういうところも含めて何もかもが幸せな時間だった。

そして、初めてもちょと「目があった」と確信できるぐらいはっきりと目があった。その瞬間430回ぐらい死んだ。
それもあって記憶は曖昧だし、言語化することもできないぐらい脳がおかしい(自分で何書いてるかちょっとわからないですね)。

とにかくもちょと確実に目が合ったし(大事なことなので二度言っておく)、『High Free Spirits』の指を差す振付を目の前で見られて幸せすぎた。

目視で表情がわかる位置だったから、生身の推したちを目に焼き付けるためにスクリーンも極力見ないようにして、今日はとにかくライブに身を任せて、目一杯満喫しようと決めていたから、こんな感じ。
明日は2階席なので、もう少し俯瞰して全体を見られると思う。

そう、明日もここに来れる、というのはとても贅沢で幸せなことだ。
噛み締めて、そして感謝の気持ちを忘れないようにする。

あとははしゃぎすぎたけど、体調(筋肉痛含む)崩さないことだな。花粉症はあいかわらずひどい。

寝る!

そわそわするライブ前日

今日の花粉もひどい。

朝、駅のホームで目を擦ったらコンタクトがズレてしまって、左目がほとんど見えない状態で出勤。会社に着いてもなかなか鏡と水場を使えずにいるうちに、ゴロゴロ感が強くなってきて、やっとのこと鏡に向かっても、レンズが見当たらず。
こりゃあ、アイボン買ってくるか、もしくは眼科いくかーと、焦りながら必死で探したら、上のほうから出てきました。目の中でレンズが半分に折れてたよ。
ここまでズレたのは数年ぶり。この時期はメガネにするべきですかね(でも、今のメガネは度が弱いのだよなー)。

さて、待望のTrySailライブ『Double The Cape』はいよいよ明日。
『SACRA MUSIC FES2019』の出演部分と、スタジオライブ『GO FOR A SAIL』を観て、予習は一旦おしまい。
『GO FOR A SAIL』のうち2曲は、マルチアングル機能で一人だけを定点カメラで追った映像が入っているのだが、これがとても良い機能。メインカメラに撮られていなくても頑張ってる3人の姿がカッコいいな、と思う。
定点カメラだと『BABY MY STEP』でもちょにプチトラブルがあったことに気付いて笑った。それでも歌い続けるもちょ偉い。

明日、ホントにライブ開催されるのかなー、とギリギリまで心配すると思うが、とにかく無事に幕が上がることを祈る。
僕自身、ライブ前に仕事があるので、トラブルが何も起きませんように。

体調は今のところ(花粉症以外は)大丈夫。
遠足の前みたいなテンションで眠れそうもないが、体力温存しとかなきゃな。

寝るー。

予習×予習×予習

TrySailのライブBlu-rayを2017年、18年、19年と3本一気に観て、週末の代々木体育館ライブに向けて予習をした。

事前に購入したライブグッズ、そしてチケットも届いて、席もだいたいの位置はわかった。
初日はアリーナ。古参のファンも多く参戦するだろうに、その中でファン歴の浅い自分がアリーナ席を取れたことに申し訳ない反面、これも運だと思って噛み締めておく。
なおのこと、病欠などで席に穴を開けるわけにはいかないので、あと2日間徹底的に感染予防&体調管理しておこう。

4年前からの映像を順に見ていくと3人の成長を実感して、未だ何者でもない自分にげんなりもしてくるが、この歳ならでは、そして自分ならではの成長の仕方もあるだろう。とにかく、ちゃんと前に歩んでいくことだ、と自分を奮い立たせてみる。
そういう点で、推しは尊敬の対象でもある。尊敬してるだけでなくて、俺も俺で頑張ろう。

今日を逃すと今週は行く暇がないのでジムへ行ったのだが、なんと5月末で閉店のお知らせが貼ってあった。
大浴場もあるし、なによりスタッフのみなさんの感じが良くて、同系列の別店舗よりも気に入っていたので、超残念。6月から元のジムに通うことになるだろうけど、今もなんとなく足が向かないから、ジムに行く回数減りそうだなー。一旦解約して「リングフィットアドベンチャー」でワークアウトすることに切り替えようかね(未だ未開封のくせに)。

あとは強めに(強めに?)片付けをした。
とくに書類とかを処分してみた。本もそうだけど改めて俺の部屋には紙が多いなと思う。いるかいらないかよくわからない書類(説明書とかね)をとりあえずとっておいてしまう癖があるから、今後はなるべく処分する方向でいこう。
「ときめくかときめかないか」で言ったらときめかないしな(メソッドの間違った活用)。

そんなところで、今日はおひらき。
週末を守りぬかねば。

推しのアイドルの本とアイドルの本

3月に入ってやたらと仕事がバタバタする。
まだ2日しか出勤してないけどな。

今日も一日フル回転したはずなのに、TODOリストはほとんど進んでない。
最後の15分で力を振り絞って“かたち”だけは終わらせたけれど、ちゃんとまとめるにはまたやり直さなきゃいけない部分が多い。
それと、やけに細かいことにイライラしたり、物言いが尖った感じになるのは花粉症のせいで、いかんいかんと思いながらも頭も働かないし、どうしたら良いもんですかね。
それでもとりあえず事故のないよう、そして体調を崩さぬよう、それだけを目標に今週は生きる。

出勤前にTrySailが特集されている「B.L.T VOICE GIRLS」という雑誌(Vol.45)を買いにアニメイトに行ったら、今、営業12時からなのね。仕方ないから休憩時間にわざわざ買いに行ったよ。
ちゃんとブロマイドついてたから、アニメイトで買った甲斐はあった。「雑誌についてくるブロマイドは、CDについてる奴より写りがいい説」が今回も実証されたように思う(それぐらい良い出来栄え)。
最近、ブロマイド目当てでアニメイトで買うことが多くなっていて、推しができる前は、そんなオマケでわざわざそこまで買いに行かないよ、とか思ってた自分の浅はかさを省みたりした。ファン心理はファンになってみてわかることだ。
他店舗ではきっとブロマイドの写真が違う種類なんだろうが、それを集めるために行脚はしないし、同じものを買いまくったりはしない程度のファン。
でも雑誌ぐらいの値段ならいいかなあーという気持ちも芽生えてきているので、なかなか怖いな(俺は何に進化するのだろうか)。

それにしても、この「B.L.T VOICE GIRLS Vol.45」。まだざっと読んだだけなのに。TrySailファンなら永久保存じゃないかと思う構成。
これは、観賞用、来客用、保存用と3冊買う必要あるんじゃないかな(・・・おや!?ザンクのようすが・・・!)。

「ザンクとルーペの読書感想文」の3月の課題図書が加藤シゲアキの『オルタネート』に決まったので、これも早速本屋で買った。
昨日、吉川英治文学新人賞を受賞したので、売り切れる恐れがあり、今のうちにゲットしておく。
「感想文」の配信日はまだ決定してないが、ボリュームがあるので早めに読んでおこう。

帰りに疲労を抱えてジムに行くと怪我のもとという言い訳を思いついて、真っ直ぐ帰ってきて、我慢できずにビール飲んでご飯食べた。あとはもう寝る。

とにかく健康でいることが第一目標の今週。
TrySailライブまであと3日。

スタイルチェンジの道

ライフスタイルを朝型に変えた方が良いのでは、と思い立って、23時に寝て6時に起きる計画をたててみた。

しかしながら、それを始めた日は起きられたの7時。
昨晩から今日に至っては、寝るのが遅くなってしまったので0時に寝て、6時半にアラームセットして、スヌーズを8時まで繰り返すという有様。
1時間半鳴っては止められる、麻倉ももの「Good Job!」(全然グッジョブじゃねえ)。
まあいきなり生活様式をチェンジすることは無理だろうから、こういう失敗をしながらいずれちゃんと「6時起き生活」に変わるようにするつもりだ。
それにしてもしっかり7時間睡眠取ってるのに、疲れが取れないのはなんなんだろうね(加齢?)。

で、昨晩はTrySailのオンラインリリースイベントを見たのだ。
ずっと外れ続けていたアニメイトの抽選に当たり、参加券を得たのだった。
先輩ファンである江戸川台ルーペを差し置いて、TrySailのイベントに参加するのは正直心苦しいものがあったが、僕が当たった分、誰かが外れているわけなので、そういう意味でも貴重な枠を無駄にするわけにはいかず、万全の体調で臨んだ。

ファン向けのイベントだし、ネットでレポートを公開しているファンの人もいるのでここで詳細は書かないが(視聴しながらレポート書いたが、これはルーペさんに報告する用)、3人とも元気そうだったのと、3月の代々木ライブはやる方向で進んでいることに安心した。
とにかく来たる日に備えて、体調管理だけはしっかりせねばなるまい。発熱はNGなので風邪ひとつでもひけない。やや花粉症がでてきたのが厄介だがな(目がかゆい)。

それからこのイベントはWithLIVEという配信サービスで行われたが、約1時間で2.4Gぐらい使ったのでこりゃあ早々に有線Wi-Fi引かなきゃいけないな、と思った。
「ゴーストオブツシマ」もオンライン版が期間限定で40%オフだったのを買おうとしたものの、ダウンロード容量50Gというのに怖気付いてパッケージ版を買ったのだった。
色々と足りない人生ではあるが、せめてギガには困らない人生を送りたい(昭和の物書きみたいな言い方)。

蓄積疲労のせいか、またジムに寄るのをサボってしまった。
ただ、晩御飯は出来合いのものでなくて、一応調理をしようと、牛肉を黒瀬のスパイスで焼いた。米は食べず、代わりにマカロニサラダ(これは出来合い)を食べて、2週間ぶりぐらいにワイン(c級のな)を飲んだ。シンプルだが贅沢な晩御飯で少し気力を取り戻す。
体制を立て直せるのは来週ぐらいになりそうだが、それまでに下準備はしておこう。

そんな感じで早めに寝る。
さて、明日はスヌーズを早めに終えられるかな?(スヌーズありきかよ)。

推定無罪放免

血尿が出ていると言われてしまった。

昨年末にやった健康診断の結果が1月の末にきて、血尿(正式には尿潜血陽性)が出たので再検査と書かれてしまったのだ。

年齢的にも「完全無欠のボディ」というわけにはいかないだろうと思っていたものの、胃がどうの、とか肺がどうのではなくてまさかの血尿。
予想していなかったことと、下半身しかも“急所”の再検査ということで正直焦った。
その通知を見た日は仕事が手につかず、病院のやっている時間帯で早退した(ビビリ)。で、その日の検査では「陰性」だったが、悪性のものがないか、採った尿を精密検査に回してもらって、その結果が今日出たのだった。

で、結果的には精密検査でも異常はなかったので良かった。
それからこういうときでもないと泌尿器科に行かないから、この際エコーまでやってもらって、一応、今回は大丈夫ということになり、ようやく心のつかえがひとつとれた。
エコーやってる時に「前立腺に石灰化がある」と言われてやや焦ったが経過観察でいいらしい。理由としては加齢みたいです(加齢か…)。

早めに受診が終わったので、池袋のジュンク堂書店に行った。すごい久しぶりに上階から1階ずつ見てまわった。
今自宅にある本で読んでない分を全部読み切って(あるいはいらないの処分して)から新しい本を買おう思うが、気になる本の書名をチェックしておいた。
今自分が読みたい本の分野で、自分の興味を再確認できるというのが、大型書店をだらだら歩く楽しさのひとつだと改めて思う。それで今の気持ちに気づくことも多い。

あとは昨日サボったジムへ寄る。
せっかく落とした体重がやや上昇傾向を示してきたので、ここが肝心だろう。
運動もそうだけど、食べすぎないように夜はチャルメラのとんこつラーメンオンリーで済ませてみた(体に悪い)。
あと、一応、今日で健康体と判明したので(事実誤認)、シーバスリーガルも飲んだ(なお体に悪い)。

そんで実は、晩御飯と晩酌の前に、心待ちにしていた配信番組があって楽しんだのだけど、この話はまだまとまってないのと、どこまで書いていいのかわかんないので改めてどこかで書くことにする。

振り返ると1日の間で色々あったな。
心配事もひとつ減ったから、明日から少しやりたいことを始めましょう。

2021初ツイキャス

「ザンクとルーペの読書感想文」第5回、無事終了しました。

メイン課題図書は、2019年本屋大賞受賞作、瀬尾まいこ著『そして、バトンは渡された』。
なんとなく抑えめなトーンで進めていましたが、「オススメ度」のところからざわつく展開に!
ツイートでも書いたけれど、僕は進行表と。自分の言いたいことの要点はまとめているものの、お互いどういう話をするのかは全く打ち合わせしておらず、発表する順番もその場の雰囲気で決めている。
だから、そういう点で「綺麗な」オチにつながったことはミラクルなんだよねー。
現時点で本屋で平積みされている小説なので、読もうかどうしようか気になっている方は聴いてみてくださいませ。

アフタートークは、今月は「ナンスマンス」(語呂がいいやら悪いやら)なはずだった無念の意味も込めて、フォトブック『夏川椎菜、なんとなく、くだらなく。』からお互いのベストエッセイ&ベストショットを3つずつ挙げて語っています。
ファン同士の放課後トーク的なノリをお楽しみください!(中身どっちもおっさんだけどな)

ひとつのテーマで、友達と語り合うのは楽しい。
そんなことを改めて感じた配信だった。
一緒に楽しんでいただけると嬉しいです。