タスクこなす休日

予定通りに完全オフ。

昨日、熱燗だったというのに、やや飲みすぎたらしく、朝は寝坊した。でもオフだからいいのだ。
無目的で一日終わってしまうと損した気分になるので、今日やろうと思ってメモしておいたことをひとつずつこなしていく。どれもこれも小粒なタスクだったけど、全て達成できた(偉い)。
その中のひとつに「リングフィットをやる」というのがあって、久々だから運動負荷「6」(しょぼいです)にも関わらず10分ちょいでバテバテになった。
衰えている。でもここからまた始めることにしよう。痩せるのはもちろんだが、それ以上に健康体にならねばね(切実)。

で、夜にマーベル映画『ソー:ラブ&サンダー』観に行った。3D版。
近くの劇場では「IMAXレーザー」での上映が3D版のみだったのもその理由だが、せっかく映画館まで行くのだからと、どうやっても家庭では見られないバージョンのほうが良いとも思ったのだ(あんまり3D演出っぽい感じはなかったよ)。
MCU映画だし、アベンジャーズオリジナルのメンバーであるソーの映画だから楽しみにはしていたのだけれど、『スパイダーマン』や『ドクター・ストレンジ』ほどは入れ込んでおらず、前知識を全く入れないで観に行った。おかげでヴィランを演じるのがクリスチャン・ベールだったり、重要な役でラッセル・クロウが出てたりとか、そういう豪華キャストなことが楽しめた。
ラッセル・クロウとカメオ出演の方々は「スター集めました感」が否めないけど、クリスチャン・ベールのヴィランはさすがの怖さ(気持ち悪さ)で存在感あった。

ソー映画の前作である『バトルロイヤル』はコメディを超えてほとんど「コント」に触れすぎてしまったが、今回は“スカす”ような描写が抑え気味で笑いとシリアスのバランスは良かったかも。
深刻な話でも楽天的なノリがあるのはマーベル作品として王道だなとも思った。

あとナタリー・ポートマンを久々スクリーンで見たが、『レオン』の時の少女が、キャリアを重ねた女性になっていて、年月を感じざるを得ない。(『スター・ウォーズ』EP3からだってもう15年以上経ってるのな、衝撃)。
今後、ソーの話は『アベンジャーズ』の中心というよりは、独自のやや小さな物語で続いていくっぽい展開だったが、強さがインフレ化しすぎたレジェンドとしてはそれでいいのかもしれない。MCUにはずっと関わっていてほしい。

そんな、充実したオフだった。明日からまたしばらく労働(言い方)。
それはそれで頑張っていきましょう。

家事とウォーズ

ダラダラした休日。

ただ、家事と勉強はした(それなりに)。それでもまあ良しとしよう。天気もあんまり良くなかったしな。

あと、急にスター・ウォーズのエピソード1を観たくなったので観た(Disney+で)。多分10回以上は観ているんだけれど、なんだかんだで流してたら最後まで観てしまったし、こんなことやってたっけ?みたいなところが3箇所ぐらいあった。「SW」は、ところどころバージョン変えてるから、それでかもしれない。
ファンが両手をあげて歓迎している映画ではないけれど、ジョージ・ルーカスが当時やりたいことを全部詰め込んだ映画だよなーというのはわかる。2、3より僕は断然好き。あと、当たり前だけどキャストがみんな若い(とくにサミュエル・L・ジャクソン)。

そんな一日だったよ。無駄といえば無駄。でも穏やかといえば穏やか。明日以降のエネルギーチャージになったと思えばそれで良いかも。
明日からはしばらくしんどいが、乗り切っていこう。

リハビリのためのキャス

昨晩はひとりツイキャスやったよ。

「高野ザンクのひとりごと ドクターと月とウルトラマン」
https://twitcasting.tv/lelefantino/movie/734124373

タイトル通り『ドクター・ストレンジ MoM』、『流浪の月』、『シン・ウルトラマン』について感想を語ってます(タイトル省略しすぎ)。
全然中身に触れずに、その作品の特徴とか魅力とかを喋ることはできないので、場面については語りつつもストーリーバレはしないようにしております。感想を共有できれば嬉しい、という感じ。
それにしても語彙が出ない。「前はもっと語彙多かった」というのが事実なのか妄想なのかもはっきりしないが(それは病気)、日に日に「あれだよ、アレ」というもどかしさが増えてる気がする(それは老化)。次回の読書感想文の作者名やタイトルがでなくて「芥川賞作家の作品を読みます」とか言ってやんの。正しくは又吉直樹の『人間』です。「又吉」は出てたのよ。でも「直樹」が怪しかったし、『人間』も自信なかった(言い訳)。
リハビリしてなんとかなるかはわからないけれど、それを解消するためにも喋る機会は増やしたいので、ひとりツイキャスもことあるごとにやっていきたい(リハビリに付き合わせる気)。

今日は最終的にナンちゃん(夏川椎菜)のライブに行くのだが、その前に予定を目一杯入れてしまったので、早めにブログを書いておく。
その行動だったり、ライブについてはまた明日。

じゃあ、出かけます。
みなさんも良い1日をー。

シン・労働

なんとか今週の山場を乗り切る。

比較的バリバリ労働できたし、同僚に愚痴を聞いてもらったり(そして聞かされたり)して、忙しいながら頑張れた1日だった。

仕事帰りに予定通り『シン・ウルトラマン』を観に行くことに。

映画の前はマックで腹ごしらえというのがもはやデフォルト。チキンタツタはもうなくなってしまったのでダブルチーズバーガー食べたよ。夜のマック、とくにポテトは2割増しで美味い気がする。
途中でヤバい感じの高校生カップルが前の席に座って、とくに男のほうの所作が、こないだ観た『流浪の月』の横浜流星みたいな感じで、もう絶対ロクなことないから別れちゃいなよ、と心から思った。超余計なお世話だけどさ。

で『シン・ウルトラマン』。ちゃんとIMAXで観たよ。
原作(っていうの?)をトレースして総集編っぽくまとめながら、2022年の特撮映画としてアップデートしてた。
庵野作品ファンが喜びそうなところは、僕にはピンとこなかったけど(そもそもそう感じたところが合ってるかもわかんないけど)、初代ウルトラマンの知識がそれなりにある僕にとっての面白ポイントが多かった。観に行って良かった。
最近観た映画をまとめてツイキャスで語りたい感じはしてるので、近々やるかも(気力次第)。

今日は概ね“ちゃんと人生やったなー”と思える日。こういう日ばかりにならないだろうかね。
そんでもって明日も仕事だ。引き続きできるだけ頑張りましょうかね。

荷造りスパート

がむしゃらに荷造りしたよ。

おかげで、ようやく「あ、引っ越しできるかも」って思えるぐらいまで片付けが進んだ。一人暮らしにしては荷物が多すぎる、っていうか、本が多すぎるんだよな(あとゲーム機と周辺機器な)。
提供されたダンボールに入りきりそう、という目処がついたので、ようやく引っ越しの実感が湧いてきた。明日、残りを全部荷詰めする(このブログ書いた後もね)。

頑張って集中して片付けたので、夕飯はピザ頼んでしまったよ。引っ越したら、持ち帰りするには少し遠くなってしまうので、今日が食べ納めだ(配達を頼めよ)。

そしてWi-Fiの契約が今日で一旦切れてしまう。
引越し先での契約はしているが、完全に引っ越すまで5日ほどあるので、その間はスマホとテザリングで過ごすことになる。無線ルーターの設定が苦手でいつもイライラするのだけれど、今回はどうだろうかな。すんなりいくといいな。

で、なにか映画を観ようと思ってネトフリで『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』観た。ウディ・アレンのスキャンダルでアメリカでは上映されず、それが理由で話題になってしまった作品。ことの是非は置いておくとして、僕はウディ・アレン“信者”といってもいいくらい彼の作品が好き(とくに90年代〜00年代の作品)なのだが、あまり劇場で観てないニワカファンでもある。この作品も結局スルーしていた。
作品としての評価が低いのは、スキャンダルのせいかなと思ったが、確かにウディ・アレン作品の中では凡庸。ただ、気の利いたセリフや陰キャ系ユーモアやロマンティックな展開、といったファン好みの展開だったので、普通に面白く観られた。
色んな問題はあるだろうけど、新作は出てほしいなーと思っている。あとアマプラで旧作いっぱい観られるから、引っ越したら色々観よう。

さあ引っ越しラストスパート。
体力的にはけっこうキツイけど、好きでやってることだから、頑張ってやりますよ。

ひな映画

桃の節句だったね。

そういうことを全くもって忘れてしまう、というかそういう“時節柄”と縁がない人生になってしまった。とくに不満も不便もないですが、なんとなく雑に生きてる感じがしなくもない。
四季や年中行事に敏感な人でありたいな、と思う(なに、センチメンタルになってんだ、っていう)。

で、そんなおセンチを吹っ飛ばそうと(嘘、たまたま)映画『アンチャーテッド』を観たよ。
『スパイダーマン』のトム・ホランド主演で、僕の大好き「マーク・ウォールバーグ映画」でおなじみの(勝手に言ってるだけ)マーク・ウォールバーグがバディを組む。ましてやインディージョーンズ的なアクションアドベンチャーという典型的なポップコーンムービー(褒め言葉)なので、ずいぶん前から観ようと決めていた。
でも予告編がやや地雷っぽかったのと、こういう系の映画は当たり外れがデカイのでちょっと心配したのも事実。

結果は、予想以上に面白かったです。

原作のゲームは「持っているけど積んでいる」状態なので、誰が敵で誰が味方かネタバレ的なのを知らないのも良かった(映画オリジナル設定らしいけどね)。
あと「マーク・ウォールバーグ映画」好きとか言って、けっこうな主演(もしくはキーパーソン出演)映画観てるのに、劇場でマーク・ウォールバーグが出てる映画観るの初めてかも(とか言いつつ、あとで調べたら『スリー・キングス』と『テッド』観てた。印象薄い)。

もっと書きたい感想はあるが、今月の「読書感想文」のアフタートークで喋ります。
僕が字幕版を観て、江戸川台ルーペが吹替版を観たので、それぞれの感想やすれ違い感を語り合いたい。同じ映画なのに違うバージョンを語るというのも面白そうなので。
日程もすでに3月24日(木)13時と決定済み。本編は遠野遥の『改良』です。

明日は愛車の引き取り。また代車を運転するので神経使うだろうな。
そんなわけで寝ますー。

再度の映画と最新カー

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』最鑑賞。

せっかくなので、またIMAXで観た。
前も書いたようにスパイダーマン映画を見続けてきた僕には(だけでなくそういう人にはぜったい)大傑作なんだけれど、話の展開といい、スパイダーマンのMCUからの離脱を暗示させるような展開といい、大団円的ハッピーエンドではないから、観直すことに少し躊躇っていて、時期が遅くなってしまった。

オチや、(もうどのサイトでも出まくっているけど)シークレットコンテンツを知っているので初見ほど楽しめないかなーと思ってたら、そんなことなくて2時間40分全く飽きなかったよ。
そして2度観ることでわかることもある(初見の後、過去スパイダーマン映画を全部観直したこともプラスだったけど)。

この映画で「ヒーローたるもの」を最も体現しているのはメイで、その意思を引き継いだピーターが(スーパーパワーの有無に関わらず)本当の意味でのヒーローになる物語なんだと、今さらわかった。
超能力はギフトなのか病なのか、授かった力を誰のために使うのか、というマーベルらしいメッセージもちゃんと入っていて、やっぱり大傑作。そして思いを共有できる友達(恋人もね)の大切さを痛感する。

これでトム・ホランド版スパイダーマン映画はおしまいなのかもしれないが、どこかでゲスト出演はしてほしい。それに、またMJやネッドと笑い合うピーターが見たい(SONY映画のほうに組み込まれても、それはそれで良いけれど)。

それから愛車を車検に出した。
今回は代車を借りたのだが、やっぱり別の車を運転するのは気を使うよね。
愛車以外の車を運転するのは3年ぶり。2年前に出た車だからかエンジンスタートがボタンだったり、サイドブレーキもボタンだったり、フロントガラスにスピードメーターが表示されたりと未来感強い。ハイテクだなーと思いながらも、買い換えようとはあんまり思わない(予算もないけどね)。今の車との付き合いはなんだかんだと15年。これからも大事にしましょう。

明日から3日間はけっこうハード。連休でそれなりに骨休めできたので、なんとか乗り切ろう。

フィットからの読書からの映画

散歩がてら買い物に行こうと思ったのだが、そう言えば雪になるんだっけ、と気づいてほぼ一日家にいた。

やらねばいけないことは決まっているのに、それに手がつけられない心持ち(ただの自堕落なのかもしれない)。

でも、久しぶりに「リングフィットアドベンチャー」をやった。
21まで上がっていた運動負荷を下げようと、年齢と「気楽にやる」みたいなのを選んだら3まで下げられた。ステージも少し前に戻して、楽勝と思ったけれど、それなりに運動させられた。あと、やっぱり左脇腹と腰、足はやや痛む。
それでもリハビリだと思って少しずつやっていきたい。運動負荷は一応5に直したけど、しばらくは様子見ながらやっていこう。

「ザンクとルーペの読書感想文」、今月の課題図書である遠野遥『教育』を読了。
課題図書はシラフで読むと決めているのと、なんとなく職場に持って行きにくい雰囲気の本だったので、休日の今日一気に読んだ。
配信は2月18日金曜日13時からです。アフタートークの内容はまだ決めてない。

『キングスマン:ファースト・エージェント』を観た(っていうかDisney+の配信早すぎないか?)。全2作のように「ウッ」となるシーンはなかったけれど、人が簡単に死ぬところとか、苦労が報われない展開で、ああ、そういえばこんな映画だった感があった。シリーズを全部観た結論として、僕はマシュー・ヴォーンの映画があまり好きじゃないな(遅いよ)。

そうこうしてたら1日終わる。休日はあっというまだな。もうちょっと目的意識を持って過ごしたい(自己啓発書みたいなこと言ってみる)。

今のところ、この地位はまだ雨。どこも被害が出ませんように。

ハードな週のヒーロー映画

今週は休みが1日しかないので、いつも以上に頑張らなければいけない。

そんな週初めなのに、細かな問題というか事件的なものが起こって、何やら波乱の展開。とはいえ、やることをやるだけなんだよな。はい。

昨日、今日と『スパイダーマン ホームカミング』と『スパイダーマン ファー・フロム・ホーム』を観る。
近々『ノー・ウェイ・ホーム』の2回目を観ようと思っているので、その予習として観たのだけれど、やっぱりどちらも脚本が良すぎて、何度観ても面白い。
どちらもアイアンマンの影響が強いので、『アイアンマン』シリーズ(というか『アベンジャーズ』もの)を観ていたほうがより感情移入できるけど、「アイアンマンに憧れている主人公」という設定さえ捉えておけば、単体映画として十分に楽しめる。
あと、マイケル・キートンとジェイク・ギレンホールが、トム・ホランドをきちんと支えていたんだなーと改めてわかった。この2作品があってこその『ノー・ウェイ・ホーム』なのだ。
今、映画館調べたけど、行ける時間帯での上映がなかなかないのが難点。来週までやってるかなー。

そんな感じで月曜を終える。
まあ、とにかくひとつひとつ、一日一日をこなしていこう。

低テンション、低温度

仕事はバリバリやったけれど、テンションは低い。

新型コロナの感染者数がものすごい勢いで増加しているのも、その一因だと思う。「濃厚接触者」にならないのが逆に奇跡じゃないか、って感じ。
そんなこと書いてると、そうなってしまうこともあるだろうから、とにかく無理、無茶せずにいこう。それでも「ひとり外食」すらちょっと怖くなってきてしまった(これはよくない傾向)。

昨日だけど『スパイダーマン3』観た。
なんだかんだで面白いよね。このサム・ライミ3部作が成功したから今のスパイダーマン人気があるような気がする。
シンビオートに寄生されたときのピーターの行動が完全にコメディなのが笑った。あと、ハリーとの共闘は(当時も思ったけど)胸アツ。僕がジェームズ・フランコを未だになんとなく好きなのは、この映画の影響なのは間違いない。

そして、超絶寒い。
こういう日は早く寝よう。明日頑張ればいいのだ(いつものダメなパターン)。