積む×積む×積む

1日4回も会議があって、その合間に上司からの宿題を片付け、我ながらよく働いた。

個人的には仕事の質も良かったと思うので(自己評価甘い)、ここ二日ばかりの働きは「よくできました」のスタンプを押してあげたい。
しかし、その反面(必要十分条件何もないが)全く読書が進まない。鞄に入れた本を1ページもめくらずにいる毎日。

今この本を読む気分じゃないんだろうなー、と昨日と別の本を持っていってみたりするのだが、それでも読まず。ここ4日ほどそんな感じ。
思い返せば、『同志少女よ、敵を撃て』も職場では(通勤時間も)全く読まなかった。なんか仕事からの読書というスイッチが入らなくなっちゃったのかも。
ますます積ん読が増えてしまう。

積むもの、といえば、ゲームもそう。
「キムタクが如く」こと「JUDGE EYES」ですが、まだ序盤も序盤だ(第1章も終わってない)と言うのに、若干の飽きがきている。
グラフィックが超綺麗で感動したのも初日だけで、細かいおつかいが続くこととか、会話シーンのテンポの遅さとか、結局「綺麗なシェンムー」だな、と思ってしまったのがダメなんだろう。昨日は、プレイの半分は「ぷよぷよ」やってたからね(ゲーム内ゲームとしてプレイできるのだ)。
そんなキムタクを横目に(略しすぎだよ)「バーチャファイターe-sports」のセールが始まったり、アーケードアーカイブで「ゼクセクス」が出たりと、気になるゲームが増えてきた。これも買ったところで積みゲーになるんだろうが、ダウンロード版なら物理的に積まないという理由をつけて買おうとしている。
脳は簡単に騙されるよな(お前がなー)。

積みドラマというか積み動画、というのもあるが、「ホークアイ」の最終話が今日配信されて、これはちゃんと観たよ。
第5話で出てきたあのキャラは、次があるのかないのかという感じで去ってしまったが、まあスーパーヴィランだからそのまんまってことはないだろう(と思いたい)。
それを抜きにしても、娯楽作として、そしてマーベル作品として抜群に面白かったドラマ。
ぜひ次も“ダブルホークアイ”で活躍がみたい。

そんな「積みもの」だらけの日々。
そろそろ整理整頓もしないとね(いつもこのオチな)。

ゲームとドラマと読書、そして強風

秋葉原に古いゲームを売りに行った。

ネットで見るとそれなりにプレミアがついているソフトもあったけれど、状態が悪いとかであまり値はつかなかったのが残念。
それでも、実機で動かせないソフトを僕が持っているよりも専門店に引き取ってもらったほうが良いと思ったので、それはそれで良い。
コレクターという性分が基本ないのよ。意思をもって保管していたのではなく、なんとなく処分できずに持っておいた、という感じなので、持てる人が持っておくべきだと思ったりする。

で、昨日ちょっとだけ「JUDGE EYES」やってみて、これは結構面白い。
僕はこのゲームの本流と言える「龍が如く」シリーズを一度もやったことないのだが(基本、任侠ものに惹かれないのだ)、これは探偵ものだし、木村拓哉がいちいち「キムタクのパロディ」をやっているような演技(演出?)がシュールで、そういう点も(っていうかそういう点“が”)見どころかもしれない。
今月遊び放題なので、期間限定の体験版として続けてみて、先が気になったら買ってもよいかな(1980円らしいので)。

あと「ホークアイ」の最新話まで見たのだが、すげえ胸熱な展開になって超興奮した。他でネタバレブログとかあるが、少しボカして書くと今まで関わらなかったはずのキャラクターがオリジナルキャストで出てきたのだ。
しかも、僕が「この人上手いわー」って思ってたキャストなので(ブログにも書いた)、「ワンダヴィジョン」のような“肩透かし”ではなく(あれもあれで面白かったけどね)同一人物だったら本当に胸熱。
来週配信される最終話で正体が明かされるんだろうけど、本当に待ち遠しくなってきた。

それと、『同士少女よ、敵を撃て』も無事読了。
あとは感想をまとめて、サムネつくって来週のツイキャス配信に備えます。アフタートークがテーマは決まってるのにノーアイディアなのも気がかり。本番まで休みがない。隙間時間に考えよう。

昨夜の雨もけっこうすごかったけど、今夜の風はさらにすごい(怖くて外見れない)。
無事に明日を迎えられますように。

サブスクドラマと成長フィットネス

Disney+で「ロキ」見始めた。

ロキというキャラクターを最初は好きじゃなかったけど(ヴィランだしね)、MCUの物語が進むにつれて愛嬌が出てきて魅力的になった。
演じるトム・ヒドルストンが回を追うごとにチャーミングかつカッコよくなったのも大きな要因だとも思う。トムヒの007観てみたいだけどなー(オールドファッションなテイストの007が似合う気がする)。
まだ第1話しかみてないので展開は読めないが、ドラマ自体はタイムリープものなのと、オーウェン・ウィルソンとのトボけたバディ感が面白そう。最後まで観る。

あと「マンダロリアン」も1話見た。
スターウォーズのエピソード6と7の間の物語。
監督、脚本がジョンファヴローだからか、インディーズっぽい(スターウォーズのファンメイドっぽい)感じもあって、これまた続けて見たくなる。
そんなわけで、サブスク動画はしばらくDisney+中心になりそう。

「リングフィットアドベンチャー」。
運動負荷12ぐらいで始めたら超キツくて、半年ぐらい放置した後、9ぐらいからやり直してきた歴史があるのだが、今日それが20になった。それでもキツイが、止めたくなるほどではないので、成長してるってことだよね(偉い)。
レベルも160になったけど、まだエンディングの感じがしないが、どこまで続くんだろうか。攻略サイト調べればわかるんだけど、先がわからないのも、また楽しみのひとつだから、このまま頑張ろう。
区切りとして今年中にクリアはしたいが、したらしたでフィットネスしなくなりそうなのもまた怖い。

明日はついに健康診断。
終わらせたら、飲むよ(間違った考え方)。

雑な日を乗り越える

忙しく、そして眠かった一日。

セガがマイクロソフトと組んでなんかやるらしい(雑な理解)。
まあ、往年のセガを知っているものからすると、大真面目に取り組むことが、世間一般の予想からはるか斜め上をいくという社風なので、どうなることやらだね。だいいち「Super Game」っていう名称が、もうちょっとアレ。
ただ、ドリームキャストで夢破れて以降、ソフトメーカーとして歩んできたセガが、ハードではない(だろう)けど、プラットフォーム制作に積極的に関わる感じがするから、それはそれでゲーム業界ウォッチャーとしては楽しみ(最後は「どっちらけ」でもセガならヨシ)。

「遠征」みたいな仕事が入っていて、それをこなすだけでどっと疲れた。今週はそんな感じの案件がけっこう入っていて、乗り越えられるかちょっと不安。他にもやること山程あるんだけど、タスクをこなせていない。どうしたもんだろうね。
まあ“一気に”“パッと”は片付かない。ひとつずつこなしていきましょう。

気がついたら23時を回っていた。こういう日ばかりは良くないね。
今年もあと2か月を切ってしまったのだから、自分も色々チャレンジしていこう。

アキバで手放す

秋葉原に行ってゲームソフトをいくつか売ってきた。

なぜ秋葉原まで行ったかというと、ややコレクターズアイテムっぽいソフトもあったから「ちゃんと価値をわかってくれそうなところ」に売りたくて「トレーダー」まで行ったのだ(ブック○フも手軽で良いけどね)。
とはいえ、僕が持っているソフトは“プチプレミア”程度なので、金額はそれなり。
ただ、あそこに売れば欲しい人の手に渡る可能性が高い。ゲームファンとしては、僕同様にゲームを投機目的で扱わない人の手に渡るといいなと思う。

あと、本を一気に売ることを考えなきゃな。
ちまちまと片付けはしているが、今日もブックオフで2冊買ってきてしまったから、読むものと、読むのを諦めるものをちゃんとわけよう。

上手くいくこともあれば、上手くいかないこともあるのが人生。
まあ自分は“比較的”上手くいっているかー、と身の回りに感謝しつつ、やることをフォーカスして日々を過ごそう。

明日もちょこっと仕事になってしまった。
ここが正念場だと思って、頑張ろー。

唐突なリメイクニュース

「アクトレイザー」のリメイク版が発売。

しかも昨日のニンテンドーダイレクトで発表されて、今日からダウンロードできるらしい。この辺のスピード感が2021年っぽい(古い世代の発言)。

「アクトレイザー」というのは、スーパーファミコンの初期に出ていた、街づくりシミュレーションとアクションが合体したゲーム(説明下手だな)。
アクションが超難しくて、僕は当時友達の家で、上手い友達がプレイするのを横で見てただけなんだが、ゲームマニアなら絶対知ってる名作曲家 古代祐三のBGMがとにかくカッコよくて今でも覚えている。
実際には、友達に借りたのかなにか、2面ぐらいまではプレイして、難しくて投げた覚えがあるんだけど、この記憶が本当かどうか自信がない。移植版をやった覚えはないから、なんなんだろうね、この記憶(「空脳」的な奴かな)。
まあ、いずれにせよ、BGMはちゃんと覚えていて、リメイク版(正式名称は「アクトレイザー・ルネサンス」の紹介動画で流れたのは間違いなく記憶していた曲だった。

ニンテンドーダイレクトでは、その他にもニュース盛りだくさんだったわけだが、中でもメガドライブのソフトがSwitchオンライン会員限定で遊べたりする新要素が発表された。
初期ラインナップが「メガドライブミニ」のソフトと丸かぶりで(「ストライダー飛竜」はアジア版の「メガドラミニ」に入っている)、今後この調子で充実してくるとメガドラミニというハードの存在意義が「コレクターズアイテム」のみとなってしまうが、こうやってレトロゲームがひとつのハードに集約されることは個人的には歓迎したい。
レゲーマーはSwitchさえあればヨシということになれば、あちこちハードに手を出さなくて良いので助かるのだが、はてさて。

しかし、任天堂はSwitchであと5年は戦う気でいるんだろうな。

ソニーやマイクロソフトがゲーム機をPCのようにハード性能を高める方向で進化させるのに対して、ちゃんとゲーム機をおもちゃとして捉えていて、ここがブレない任天堂は強いなと思う。
Switchが発売されて3年以上経っているが、ハード性能はそのままで(多少はリファインされてるのかもしれない)、有機ELディスプレイのバージョンを出すあたりは、すでにライバルはゲーム機ではなく、スマホなのかもしれない。
今のSwitchを、僕は動く限り買い換えないつもりだが、スマホを買い換えるように新型を買う日がくるのだろうか。

とりあえず「アクトレイザー・ルネサンス」は買ってみようかな。
今なら5面ぐらいまでいけると思う(それでも5面かよ)。

28、35、I’m old

朝、休日ダイヤに騙されて、ギリギリの出勤。
昨夜もその前も、ブログに連休だよ、って書いてるのにね。

TrySailのアルバム「Re Bon Voyage」のリリイベの応募が昨日までだったことに今朝気づいて愕然とする。応募IDを机に置いておいたくせに、すっかり忘れていた。
こういうの後回しにして忘れがちなんだよなー。応募したところでなにひとつ当たったことはないけれど、応募者全員特典の画像すら貰えないという悲ピヨな思い(悲ピヨとか言うな)。2枚も買ってるのにな(厳密には「2種類」)。
アニメイトの諸々の応募は今日までなので、これから応募しておく。

それからイヤフォンを忘れて、音楽のない一日を過ごした。
もろもろ忘れがちなのは、単純にボケてきたせいかもしれない。

池袋GIGOが今日で閉店。28年の歴史に幕を閉じるとのこと。

28年間かー。地下1階で何回か対戦格闘(多分時代的に「ヴァンパイア」とか初期のKOFとか)をやった覚えはあるが、GIGO自体にはあんまり思い出がない。
それよりもその場所にあったサンゴーカメラ(のちにTECH35)のほうが思い出深い。つまりそれって28年よりも前なわけで、なんかそれはもはや「歴史書」に出てくるような話になってるのかもしれないな。

ビックカメラ、カメラのさくらや、サンゴーカメラがサンシャイン通りにひしめきあって、目当てのゲームソフトが一番安いところを足で探すのが楽しかった。
なんだか書いてて急に老け込んだ気がする。

懐かしさついでに「ドラクエⅤ」が無性にやりたくなっている。
「ドラクエウォーク」が「ドラクエⅤ」イベント中で、ほぼ原作のエピソードをなぞるので、追体験したくなってくるのだ。
でも、もっているスマホ版をいざやろうと思うと「ユアストーリー」(完全無欠の駄作映画)の悪夢が頭をよぎる。

スーファミ版(つまりオリジナル版)は友達から借りてクリアして、後々ニンテンドーDS版は終盤で投げてしまっている、というのが僕の「ドラクエⅤ」体験。
今計算してみたら、オリジナルをクリアしてからは25年以上経っていた。
なんかアルコールを飲みながら、進められるところまで進める感じでやりたいな(ユアストーリーの悪夢を振り払うには酒しかないような気がする)。

っていうか、ここまで書いてきて、改めて、俺の青春ってほぼゲーム関連なんだな、(自分の曲を初めて公開したのもゲーム関連だったしな)。
それが良い悪い、ではなくて、そういうものだったのだと振り返る(こういうあたりも“老い”ですかね)。

明日は一日完全オフ。
最近は気候と気圧のせいで体調落ち気味だから、整える日にしよう。

W・L・B

ワーク・ライフ・バランスについて深く考えてみる。

嘘。
ちょっと考えてしんどくなってやめた(ヘタレ)。

昨日、「本当に知識のある人の話って、こういうんだ」というのを目の当たりにして、今の自分じゃどうしようもねえな、という衝撃を受けてしまった。
もちろん詰め込んだ知識でも何かに対応はできるが、血肉にはならない。学生時代は自分のこと、そこそこ「薀蓄王」だと思っていたし、今も広く浅くの知識には自信があるものの、そういう深い知識がほとんどないなーとつくづく思う。いわば教科書的なんだよね。

このところ韓国ドラマの「補佐官」を観ている。「サバイバー」とは違うタイプの韓国政治ものだが、これがまた面白い。
この主人公はとにかくよく働く。そもそも頭が切れる上に、常に人生の中心は仕事のことだ。しかもその先に自分のやりたいこと、やるべきことを見据えながら。
自分にはこの姿勢が全然足りてない。

ドラマの中で、徹夜で仕事にあたるシーンがちょくちょく出てくるが、それを見るたびに「最後に、自分がなにかのために徹夜したことはいつだったっけ?」と思い返して、思い出せない(多分、ずっと昔のことだろう)。
そう考えると、日々を適当に生きている(そんで適当に生きていけちゃうんだな、これが)自分が全然ダメダメだと痛感するわけだ。

ドラマを観るのも楽しいけれど、ドラマの主人公になるような生き方をするほうがもっと楽しいだろう。
ワーク・ライフ・バランスとか言う前に、僕はまだまだワーク部分が全然足りてない。

それにしても「ドラクエウォーク」がバージョンアップして楽しくて仕方がない(たった一行で前段台無し)。
モンスターを仲間にすることができるようになって、自分のキャラのあとを健気についてくるベビーパンサーの可愛いこと!
あと、歩く距離で卵を孵化させる機能もついた。友人に言われて気付いたが、これって完全に「ポケモンGO」だよね。
そんなわけで、ゲームしながら歩く機会を増やしたくなってくる。

つまり、結論としては「よく遊び、よく学べ」ということなんだろうな(苦し紛れ)。

ワーク・ライフ・バランスについてもう一度深く考えてみることにしよう(振り出しに戻る)。

運動とか告知とかパズルとか

昨日よりは体調良かった。

3日ぶりに「リングフィットアドベンチャー」やる。
以前は「適度な運動」と評価されてたのと同じ運動負荷なのに「軽い運動」評価になることが多いので、だんだんと慣れてきたのかなーと思いつつ、昨日の不調は筋肉痛だったのではないか、と思ったりもする(筋力弱ええな)。
今日得られた一番の知見は、ゲーム内で教えてくれる豆知識に書いてあった「マッスルメモリー」。筋肉は落ちても、その付き方を覚えているので鍛え直すと戻しやすいらしい。ああ、じゃあ、もうすぐ戻っちゃうじゃん(間違った解釈)。

明後日、8月26日(木)13時から「ザンクとルーペの読書感想文」第12回やります。
課題図書は中山七里著『作家刑事毒島』。
アフタートークは、夏休みの宿題といえば……ということで「ボクらの夏休み読書感想文」と題して、大手3社の夏の文庫セレクションを元にアレコレ語ります。
サムネイルは作ったけど、話す内容はまだまとめてない。まだ2日ある(ダメなパターン)。アーカイブも残しますが、リアタイできる方はぜひにー。
https://twitcasting.tv/lelefantino

あと「セガのピクロス」を一応クリアした。
“一応”というのは「メガピクロス」というモードだけやっていないから。あんまり好きじゃないのと、お題(完成した絵柄)が「ピクロスモード」と変わらないから、やる気にならないのだ。
「カラーピクロス」というモードはこのシリーズで初めてやってみたけれど、お題も別だし、ちょっと理屈の組み立て方が違って面白かった(本家ピクロスのほうが断然好きだけどね)。
セガモチーフだったから他のピクロスよりも楽しめたけれど、全部クリアした身としては、もうちょっとお題、いろいろあったんじゃないかなーという感想。版権がらみなのか「シャイニング・フォース」を含め、クライマックス系の絵柄がひとつもなかった。学生時代、玉木美孝のイラストをやたら模写してた身からすると「ランドストーカー」のフライデーとか出してほしかった(で、今、書きながらググったら、ご本人らしきTwitterアカウント見つけたのでフォローした。玉木さんイラストホントに好きだから、またゲームで見たい)。
いずれにせよ、ピクロスは僕にとって時間泥棒なのは間違いないのだが、まあ盗まれてもいいや的な気分ではある(好きだから)。

で、こんな時間になってしまった。
寝るよ、寝る、寝る。

問題があれやこれや

実家にちょっとだけ帰った。

滞在時間2時間ぐらいだけど、次、いついけるかわかんないからな。一応、用足しはできた。

あと、暑さのせいだろうけど愛車のボンネットのゴムの部分(外観)がダメになってしまって、どうしたもんだろうかなーとショック受けてる。
来月メンテナンスのときに直してもらいたいが、果たして直るのだろうか、っていうのと、暑さ続いたら同じ現象起きるだろうからなーと、悩んでいる。
とはいえ、悩んだところで解決はしないから、プロに相談してみよう(自分でコントロールできないことは諦めるに限る)。

待望の「ピクロスS MEGA DRIVE & MARKⅢ edition」を買った。とりあえず32問解いた。
31問目から15×15マスになったけれど、「ピクロス」にしてはマス目が増えるのが早い。でも15×15マスの問題はバランスが良いので、これが多いと楽しいな。
放っておくて、エンドレスで解いてしまうので、今日はこの辺で辞めておく。

東京都の感染者はついに5000人を超えてしまったね。
先行き不安だけれど、一層気を付けつつ過ごしていこう。