ちんまり物欲発揮

鬼滅の刃23巻買った。

登場キャラクターの話を書いた外伝っていうのも同時発売で、これは電書だけかと思ったら紙の本でも出たらしく一緒に買うつもりだったが、売り切れてた。あと結構並んだ。行列ってほどではないが。

人気、というのもそうだが、一昔前の「ドラクエⅢ」や「FFⅦ」の時みたいにひとつの祭りになってる気もした(iPhoneの時みたい、と思いつかないぐらいはロートル)。

それにしても面白かった。学生時代はジャンプが一番好きなマンガ雑誌だったから、やっぱりジャンプ系は好きなのかも。

とはいえ、それに限らず色々漫画を読みたくなった。

あとSwitchの「風来のシレンⅤ」買った。シレン(というか不思議のダンジョン系)やったことないが、気になっていたのとビックカメラのポイントが貯まっていたので買ってみた。あとは「ドラクエⅪ S」のプレステ4 版を買おうか(天ちゃんがセーニャの声やってるってだけで)悩んでいる。

年末に向かって物欲が高くなってきた。これは世間のムードのような気もするし、引きこもり準備ともいえる。

安全第一で明日もがんばろー。

ぶらり神社への旅

インフルエンザの予防接種を受けた。

予想しているよりも痛いよね、アレ。
注射したほうの腕に筋肉痛みたいな痛みが出るのは大丈夫なんだろうか。気持ち悪くはなってないからまあ良いが。
このせいで今日は酒が飲めないのが残念。今日飲むつもりで昨日我慢したのでちょっと辛い。

で、接種は午前で、午後に散髪を予約していたので、マクドナルドで昼食を兼ねて読書の時間を持つ。読んでいる小説におみくじをひくシーンが出てきて、急に神社でおみくじをひきたくなる。
お願いしている美容院は茗荷谷。近所の神社を調べても「いつでもおみくじをひけそうな」神社はなく、ただちょっと遠出になるが、東京大神宮が検索でひっかかった。
美容院から徒歩30分以内なら行ってみるか、と散髪後にグーグルマップで調べたらジャスト30分だったので、これもなにかの縁だと「ドラクエウォーク」がてら出かけることにする。

東京大神宮は言わずとしれた「縁結びの神様」なわけだが、僕が以前行ったのはもう3年前ぐらいになるのだろうか。
その時が初めてのお参りで“大”神宮という名前に対して、こじんまりしていたのが印象的だった。
その時ひいたおみくじは和歌が書いてある「縁結びみくじ」だった。これは箱に入っている中から自分でひくタイプで、また“垢抜け”すぎていたので、自分が思うおみくじよりもゲームでひいた感が強くなってしまってやや残念な気持ちに(内容が微妙だったからよけいにね)。
っていうか、思い返してみたらそれから今のところご利益ないよね!(必死)

今回は「普通のおみくじ」をひこうと思い、“あの”筒状のものから数字を引いて、巫女さんにとってもらう、という、古典的な、ご利益のありそうなおみくじにした。

いや、本当言うと「縁結びみくじ」と悩んだ。
ただ、小説で出てきたのが普通のおみくじだったのと、女性客が多かったので気圧されたというのもある。
いいのだ、縁結びの件はお参りでお願いしといたから(しといたのかよ)。

で、この判断が見事当たったのか、なんと大吉!
わざわざ出向いて良かった、という気分になる。
内容も全体的に強めの奴で「そのうち大丈夫だから騒がず頑張れ的な」ことが書かれていたので大いに安心した(こういうのでサボろうとしちゃうのが悪いところ)。
なかなか進めている物事が形にならなくてストレスだったけど、神様に後押ししてもらったと思って、とにかく一歩ずつ頑張ろう。

二日目は低調気味

天気予報に騙されてばかりいる。

昨日の夜に出ていた予想と今朝の予想がまるで違う、というのもたいがいだと思うのだが、それ以上に2時間前にはなかった「雨マーク」がしれっと表示されているのはいかがなものか。
それだけ短いスパンで予報を変えられるようになった、のは進歩なんだろうが、逆の見方をすれば、正確性はあがったけれど、予報の有効時間が短くなったということだろう。もっともそれに慣れない自分にも問題がある気はする。
ただ、気温の予報は9℃で、曇り空だったから、これは信用していいだろうと、コートを着ていって良かった。僕は夏でも長袖率が高い感じの寒がりなので、コートって気温何度で着始めれば良いのか(変に思われないのか)不安になるタイプ。
で、調べたら10℃以下なら大丈夫らしい(もちろんコートの種類に寄るそうだけど)。ただ、今日ばかりは着ていたおかげで防寒できた感じがしたので、そこは予報を信じてよかった。

でも、ギリ「曇り」というのを信じて洗濯物を干していったら、見事に雨に降られてしまった。幸い寝間着とか肌着類なのですぐ着る必要はないから、あまりに濡れてたら洗濯し直そう。
というか、ここでふと天気予報は「信じる」というよりも「掛け」に近い気がしてきたが、僕だけだろうか。

人のことを心配している、というよりは、自分のポジション取りのために動く案件に巻き込まれてうんざりする。
こういうのは手間ばかりかかって、誰も気持ち良い気がしないのが相場だが、そういうことをわからない人が(特に偉い人たちに)多いんだよなー。もっと目を配るところはたくさんあるのだけどな。
ただ、同じ気持ちの人が身近にいるので助かってはいる。どうなることやら。

アニメイトのイベント抽選に落ち続けている。
とはいえ、まだ3回した応募していないので、歴戦の猛者たちには鼻で笑われてしまうだろう。これこそ「運」かつ「縁」。
当たる方がラッキーと思って応募し続けるしかないか。

昨日が調子良かっただけに、今日を思うと12月は一進一退になる様相。
さて明日はどっちだ?

縁つなぎDecember

実家に帰る。

頼み事があったのと、クリーニングに出していたコートを取りに行ったのだ。
それにこれから先は県またぎが難しくなりそうだしね(車だから電車よりはリスクないはずだけど)。帰れるうちに帰っておいたのだ。

で、実家のスカパーのリモコンが調子悪くて、ボタンがほとんど効かずに(むしろこの状態でよくチャンネル選択できるなというぐらい)イラッとしたので、その場でAmazonで同じ型番のリモコンを探して買うことにした。
そしたら「あとで買う」みたいなリストに入っていたSwitchの「リングフィットアドベンチャー」が定価で表示されていることに気づく。
「火曜の10時にAmazonで定価売り開始するよーというので、10時直後にトライしたら、買い物カゴに入れようとするたびにエラーになる、ということを繰り返し、その転売ヤーとの戦いに疲れて放置していた話」は以前ブログで書いただろうか。
それからというものの、自分はジム通いを本格化したし、ゲームでフィットネスをするというのはやはりSwitchの「Fit Boxing」を1週間足らずで挫折したことを踏まえて、買うことを諦めていたのだ(やや「すっぱい葡萄」的な心持ちもあるが)。
そんな中、ここで定価売りを見つけたのはきっとなにかの縁。しかもあっさりと買い物カゴに入り、難なく買えてしまった。

リモコンが使えないというイライラから、欲しかったものが見つかる。災い転じて福となす、というか、人間万事塞翁が馬というか(いいこと言ったふう)。
とにかくジム通いに加えて「リングフィットアドベンチャー」まで手に入れてしまったのだから、これで我がダイエットに死角なし(勝つる!)

帰りにさいたま新都心に立ち寄って「ドラクエウォーク」のお土産をゲットする。
ついでに買い物する用事もあったので、コクーン新都心で何の気なしに本屋を覗いたら、麻倉ももが表紙で、かつ40ページ特集という見出しの「VOICE BRODY」という雑誌が売っているのを発見。
立ち読みできないように封がしてあり、中身が不明なので、買うのをちょっと迷ったのだが、これもなにかの縁だと思い購入。
そしたら全ディスクレビューや、先日参戦した「Agapanthusライブ」リポートが載っていて、数時間前の自分に「迷わず買えよ!」って言いたいぐらいマストバイな一品だった(まだまだファンとしてのレベルが低い)。

とにかく、小さいことの積み重ねとはいえ、そんな“セレンディピティ”な12月スタート日。
この感じで今月、そして今年を乗り切りたい。

中毒性の高いゲーム

Nintendo Switchの「ピクロスS4」を買う。

気がついたらセールしていたのだ。そして、しばらく触っていなかったSwitchはバッテリー残量0だった。

前にもピクロス(イラストロジックのゲーム)のことは書いたと思うが、とにかくこのゲームだけは時間を忘れてしまうほど中毒になってしまうのだ(というか、「あと1問、あと1問」がエンドレスで続く感じ)。
とりあえず今、35問解いたところで自制した。ブログを書かなきゃいけないからな(そんな理由?)。
でも今日中にあと10問は解いてしまいそう。

「ピクロスS5」という最新作が出たから旧作が全部セールになったようで、同時に「けものフレンズ」と「オーバーロード」というアニメをモチーフにしたピクロスもセールしていたが、元ネタを知らないので食指がのびない。
「ドラクエピクロス」やら「ポケモンピクロス」があったら間違いなく買うんだけど。

って書いていて、そういえば「ポケモンピクロス」って昔出てなかったっけ?(しかも俺、やってたんじゃない?)と思って調べたら、確かに2015年に3DSで出ていた(しかも、やっぱりやってた)。
でもダウンロード無料の課金制というビジネスモデルのせいで、一気に進めなくて止めてしまったのだった(今、鮮明に思い出した)。
アレを1000円ぐらいの落としきりでリメイクしてくれないかなー。

そんな感じでしばらくはピクロス中毒。
早く全問クリアして解放されるのが良いのか、毎日時間を決めてちょっとずつ進めるのがいいのか。あ、多分前者だな。

一気に解いて、俺自身が解放されなきゃな(考え方が中毒のそれだな)。

いい肉の日にいい寿司

気がつけば1129(いいにく)の日だった。

だから今日はお肉を美味しく食べるのが筋なんだろうけれど、フライングで昨日“良いにく”を食べてしまったので、今日は刺し身にする予定だった。
けれども帰りが遅くなったせいか、立ち寄ったスーパーで“中くらいに”良いすしが半額だったので、思わず買ってしまう。
そしてあまりにも疲れたのでビールも飲んでしまう(まあ、飲みたいときは飲みましょう)。

昨日、今日と勤務時間が長くて、さすがに身体の疲労が厳しい。
そして寒さね!ついに背広の下にセーター着るようになった。気がつけば12月目前だからそりゃそうか。そして今年もあとひと月ちょいという事実が……

なんとかハードな週末を乗り切ったので、また今週、頑張ろう。
そして2020年を良い感覚で終わらせるには、そろそろ1年を締めくくり始めないとね。

ひとりすき焼きの夜

私は株主である。

とか威張ってみたものの、実際は某レストランチェーンの株を最小単位の100株持ってるだけだ。地元にあるそのチェーンの和食屋さんが気に入って、応援する意味で持っているのだ。

で、株主特典として優待券3000円分もらえるんだけど、その期限が今月末。
いつもは家族と行くのだが、車をこっちに持ってきて以来、そしてコロナ禍のせいで、すっかり足が遠のいてしまって、気がついたら期限が目前に迫ってしまった。
捨てるには惜しい金額だけど、場所がら和食ファミレスみたいなとこなので一人客は恥ずかしいし……と悩んだあげく、やっぱりもったいないの気持ちが勝ったので、仕事帰りに立ち寄ってみた。

ちょっと遅めの時間だから、すんなり入れるかなーと思ったら、2組待ちで、しかも待ってる席でひとりぼっちなのが、ちょっと恥ずかしかったりした。
順番が来て席に通された時に、他のテーブルを見たけれど、一人客は僕だけだったように思う。ここでも恥ずかしかったので、ミシュ○ンの覆面審査員みたいな雰囲気を醸し出してみる。店員さんの態度は普通だったけどな(当たり前)。

友達や家族で行けば、一人頭それ以上になることはあるけれど、自分だけの食事で1回3000円を使い切るのは難しい(そんな高級店一人で入ったことない)。
でもちゃんと使い切らなきゃという貧乏性で、一番高そうな国産牛のすき焼き定食(2500円 高級!)と生ビールを頼んだ。

その店に行くと「すき焼き」はけっこう食べるが普段は普通の(輸入牛の)すき焼き。それだって美味しくいただいているのだが、今回は霜降りの“出の”良さそうなお肉がでてきて、国産と輸入とかじゃなくて、もう部位が違うんじゃんと思った。
松屋やほっともっとの「すき焼き御膳」で大満足しちゃう舌でも、美味しさが格段に違うことはわかった。良い晩御飯になった。

株主優待券で支払ったので、「ああ、だから一人で来たんだな」と納得してもらえたのか、それとも「こいつ、一緒に来る人いないのかよ」と思われたのか、店員さんの顔からは伺いしれなかった(自意識過剰すぎ)。

それにしても、ひとり焼き肉に続いて、ひとりすき焼きもできるようになってしまった。次はひとりしゃぶしゃぶだろうか。
どんどん行動範囲が広がるよな。

っていうか、ふたりすき焼き行きてえ(切実)。

全部買ってやんよ

連休二日目は地元で引き篭もる。

はずだったのだが、どうしてもの用事ができて朝から出かけることになってしまった。
幸い用事自体は午前中に終わったので、大きな本屋でまたもや『鬼滅の刃』を探したり(なかった)、マックでランチをしたり(芋)、ブックオフで古本を2冊買ったり(昨日もオンラインで5冊買ってるのに)、ドラクエウォークのために(そして健康のために)、いつもなら電車で通り過ぎる駅間を30分ほど歩いたりした(経験値たくさん稼いだ)。

で、ゴールに設定した駅に本屋が隣接していたので、一応『鬼滅』がないか入ったら、なんと全巻揃っているという奇跡。
どうせ最終巻まで買うつもりだから、ここで買っておいたほうが良いのだろうと思ったものの、7巻から最新の22巻まで16冊買ってしまうと、さすがに荷物になるのでひとまず11巻まで5冊買うことにした。
いざとなれば、またこの本屋に来ればいいかもだけど、土日にはなくなってしまいそう。ただ、地元の読みたい子どもたちの手に渡るのだとしたらそれはそれで良いだろう(いい大人アピール)。

で、ジムでワークアウトしてから地元の本屋を覗いたら、なんと、ここでも全巻揃っていた(増刷かかったんだね)。
このときは「鞄には11巻まであるしなー、さらに買ったら重いよなー」と考えて、とりあえず帰る。

だが、帰宅後に読み始めたらあっというまに11巻まで読んでしまった。
物語自体はちょうどキリのいいところで終わったものの、続きが超気になるし、もしこの先がしばらく手に入らなくなったとしたらフラストレーションがたまる一方だろうなーと考えて、地元の本屋にまた出かけて全巻買ってきた。
初めから全巻買ってしまえばいいのに。判断が遅い(オマージュ)。

で、買い揃えたものの、うっかりすると今晩中に徹夜で読むテンションになっているので、セーブして1日1巻ずつに留めることにする。最終巻が出るのは来週だから、出る前に読み終わらないように進めていこう(とかいいながら12巻は読んでしまったけどな)。

そんなわけで、予定とは違う休日を過ごすことになった。
でも、どんなものごとでも予定通りにいくことなんて滅多にない。それを僕はここ数週間で強く意識するようになった。
そういう状況で自分のできることってなんだろう、と真面目に考えたところ、答えも実は出ていたりする。あとはちゃんとやるだけ。それが一番難しい。

明日は朝早い。
続きを読みたい誘惑を断ち切って、早寝しますよ。
ええ、しますとも!(フラグ)

初日矢の如し

連休の初日を有意義に使おうと思ったが、なかなか上手くいかないものだ。

午前中から午後にかけては「KUNITOのPodcast!」の収録。
その後池袋へ行き、ぐるり買い物旅。
ジュンク堂で『鬼滅の刃』を探し(なかった)、ローソンで先日のライブのグッズを受け取り(プラスティックマグカップだった)、アニメイトでTrySailのスタジオライブのBlu-rayを予約して(今月まで予約特典がつくのだ)、ここでも『鬼滅』を探して、見つけた6巻を買い(奇跡)、喫茶店に入ってちょっとだけ読書をして(英会話の本の出だし)、ジムに行き(筋トレオンリー)、帰ってきたという行程(長い一文)。

本当はユニクロあたりでアンダーウェアを買うつもりだったのに、意外と時間がなかった。というのも18時-20時に宅配が届くので、18時帰宅をしなければいけなかったのだ(ことごとく宅配便に拘束されている)。
けっこう余裕なつもりで喫茶店に入ったものの、その時点でもう16時半というこのあとジム行ったらギリギリな時間になっていることに気づいて、かなり“巻き”なワークアウトになった。ジムは明日も行く予定だからそのまま帰ろうかと2度ほど諦めかけたが、行ったから偉い。偉い!(2回言う)。
そして「一日ってあっというまだなー」というのを休みの日ほど実感するのはなぜなんだろうね。もっと色々やらないとね。とはいえ明日が休みだと思うと、このあとの夜が使えるはずだ。少し「一日使ってやったよ!」感を出せるような使い方をしたい。まあ飲んじゃうんだけど(ダメな奴)

と、ぐずぐずと書いてみたものの、今日やるべき「お使い」はできたからまあ良しとしよう。たまには自分に甘くても良いだろう(いつもじゃね?)

明日は一日ちゃんと使えますように。

鬼滅の刃が見つからない

昨日のツイキャスの後。

リモートだったしルーペさんは家に帰らなければなので、終わった後の打ち上げ的なもの(つまりリモート飲み)も20分程度で終わってしまった。
マックは食べ尽くしたが、ビールは350ml缶を持て余す。

で、『鬼滅の刃』を先日買った3巻まで読んだらすごい面白かったので、続きの巻を買いに本屋に行く。
午前中に覗いた時は11巻まであったのに、18時になったら5巻までしかなくなっていた。
人気があるって(もしくは転売ヤー)恐ろしい。仕方なく5巻までで我慢する。本当は6巻まで買いたかったが、ちょうどキリのいいところで終わってるのでまあ良いだろう。
でも1巻から2度読んだくらい面白い。
話の内容はわりとハードで、人が死ぬことに関して容赦ないし、人も鬼もバラバラになる描写も多々あるが、殺伐とした場面でも細かいギャグがちょいちょい入ってくるし、テンポが良いのでついつい読み進めてしまう。全巻持ってたら一気読みしそうだから、少しずつ進めていくのが良いかもしれない。
しかし、今日大きめの本屋行っても6巻は見つからなかった。年末までには最終巻まで読破したいができるだろうか。
それにしても流行っているというのは、やっぱり面白い理由があるのだろうから、鬼滅だけじゃなく、そういう“流行り物”嫌いを少しずつ解消していこうと思う。

明日、明後日と久々の連休(の予定)。
いろいろリフレッシュしたい。