超久々のポッドキャスト更新

超久々にポッドキャストを更新。

高野ザンクのNerdy Days ONAIR版 Vol.15

本編でも喋っているけれど、6月に1回録っている気がしていたのが、完全に勘違いで2か月以上も間が空いてしまった。
2か月あったにしては特に印象的なエピソードはなかったなー。あっというまに7月に入ってしまった気がする。
それでも「辞めたわけじゃないよ」という思いも込めて喋った。

録る前にしゃべろうと思っていたこと、例えば「コロナ感染見つけるのって人狼ゲームっぽいよね。と思っていたら、人狼っていう舞台で感染でてしまった」とか、「生活が戻ったのに、体重が戻らないのはどうゆうこと?」というのを完全に忘れてしまった(なのでここに書いた)。
でも舞台の件は、ネタにするには問題が拡大してきているし、体重は“いつものこと”だとすれば、自分の中でフィルターがかかったのかもしれないね(いや、今ここで書いたら意味ないけど)。

あと、自分の喋りがちょっと変わったなーと思う。
編集点を作りにいってしまうのだ。あと、タメ口で喋ることが多くなった。これはどっちもゲーム実況の影響だろう。
こなれてきてしまうことで、面白くなくなるものもあるので、これが良いことかはわからないが、自分の活動がどれもリンクしているということならそれはそれで良いことと思うことにする。
最後にちょっとした告知(本当にどうでもいい告知)もあるので、お暇な時に聴いてみてください。

まだまだ気が抜けない状況だけど、日々やれることやって頑張っていこう。

C級ワイン探訪記『マクギガン ザ・プラン シラーズ』

数日前からケンタッキーフライドチキン(KFC)が食べたくてしょうがなかった。

いや、数週間前から、と言ったほうが正しい。
でも先週はセールをやっていたせいか、いつ店を覗いても混んでいて、なんとなく待って食べるのは嫌だったので、我慢していたのだ。

で、今回仕事帰りに立ち寄ってみたら幸運にも空いていたので、買って帰ることに。
それに加えて、今は“バカみたいな”(褒め言葉)チキンフィレサンドである「デラックスフィレサンド」を売っていて、唐突にこれを食べてみたかったというのもある。

ビールでフライドチキン、というのが鉄板だなーと思いつつも、ワインが飲みたい気分だったし、マクドナルドではないがKFCもザ・ファーストフード。
それなら、ついでにブログネタにもしてしまえ!と急遽思いつきで、新たなワインを飲むことになったのだ。

選んだワインは『マクギガン ザ・プラン シラーズ』。オーストラリアのワインである。
並んで「ピノ・ノワール」が売っていて、最初はそれに手を出したのだければ、オーストラリアと言えばシラーズかな、と思い直したのだ。

僕のバイブルである『ワイン一年生』によると、シラーズはアメリカワインに似て、BBQのようなこどもおいしい料理に合うという。
それならば「ぼくの考えた最強のチキンサンド」を具現化したようなデラックスチキンフィレサンドと合うんじゃないかなーという直感もあったのだ。

さて、オーストラリアワインを飲むのは久しぶりだ。
グラスに注いでみると、色が薄い。一口飲むと、色からくる印象に近いスッキリした飲みやすさを感じる。とはいえ薄口なわけではなく、色味からくる印象よりも味わいは濃い。

特筆すべきは酸味の強さ。舌に絡みつくぐらいの酸味がある。あんまり飲んだことのない感覚で、これは好き嫌いがわかれるかも。
甘みはほとんどない。逆にキリッとした果汁をそのまま飲んだような味わいで、これはこれで美味しいと思った。
シラーズの特徴はスパイシーというが、まさにそのとおりな味わい。ちなみに人工アルコール感はほとんどなかった(これは良い点)。

さて、普段と違ってKFCとのマリアージュ。

まずはポテト。ケンタのポテトはやや太めで食べごたえがあって美味い。マクドナルドのポテトよりもジャガイモ感は強い。

で、この素のポテトと合わせてみたら、とりわけ美味しくなったわけではないのだけれど、ワインの味がさらに濃くなった気がする。単純なイモと塩の味がワインそのものの味を引き出すのかも。
ケチャップをつけたポテトと合わせると、今度はワインにやや甘みを感じるようになる。これまた、それが美味いには直結しないが、飲みやすくはなった。
ワイン単独だと、飲めば飲むほど後味がズッシリと、エグみが強くなるが、ケチャップの甘みで中和される気がする。

さて、メインディッシュのオリジナルチキン(部位はリブだった)。
とにかくケンタッキーはこのオリジナルチキンが美味いよね。大好き。
他の店では出せない味というのがまた特別だよね。
と、KFC上げコメントになってしまったが、ちゃんとワインとのマリアージュをしてみよう(そういうブログだぜ)。

さて、チキンと合わせたワイン。
これが美味い!ワインの味が落ち着くのだ。
弱かった甘みが引き出され、酸味が抑えられ、ほとんど感じなかった苦味がちょっとでてきて、バランスの良い味に変化したのだ。
このワインは単独で飲むのと、マリアージュするのとで印象が大きく変わる。こんなに変わるのは初めてかもしれない。

さて、今一度書くが、シラーズは“こどもおいしい”ワインという。
では、無茶しやがって、という感じで作られたデラックスチキンフィレサンドとは果たして合うや否や?!

他のサンドのように紙で包まれているのではなく、箱の中に鎮座ましましてるデラックスチキンフィレサンド。キングオブキング感(≒中二病感)強い。
このサンドは具材としてハッシュポテトが挟まっているのだが、僕は基本バーガーにポテトを入れるのには反対派。あまりに邪道だと思う。
でも、なぜ食べてみたかったかというと、あまりのバカさ加減に、じゃあこのビッグウェーブに乗っておこうかと思ったのだ(疲れてたのかもしれないね)。

で、食べてみて、まず思ったのは……

馬鹿にしてごめんなさい。これ美味しいです。

まず、スパイシーコブソースが美味い!それから邪道と思っていたハッシュポテトのサクサク食感と、辛口のソースを中和するポテトの甘みがむしろ必要。
これ本当にウマい!

じゃあ肝心の、このワインに合うのか?というと、すごく合う!!

フライドチキンで感じたワインの落ち着きっぷりが1段階上がる感じ。
ソースの辛さがワインの特徴的な酸味を弱め、とはいえ、それを消すまでには至らず、一番バランスのとれた味に変化させる。
マクドナルドには、この系統の味のメニューがないから、ケンタッキーと合わせたのは正解だった(ただコブソースはBBQソースにも通じる甘みがあるので、マックなら期間限定の「スモーキーバーベキュー」と合うかもね)。

さて、このワインの結論。
ここまで単独飲みとマリアージュでの印象が違うのは珍しいかも。

単独で飲むにはやや物足りないが、確かにこどもおいしい、つまり単純な甘味、辛味がはっきりした食べ物と飲むと、ワイン自体の味のバランスが良くなる。
合わせるもの次第でぐんと美味しくなるワイン。ベースは酸味が強いので、やっぱり甘みの強いものと合うのかな。

一応補足しておくと、498円で買ったのは割引期間だったようなので、実際はC級よりちょい上かもしれない。
で、チュカロのカベルネや、カルロロッシのダークを凌ぐわけでもない。
ただマリアージュでの味の変化を楽しんだり、極端なスパイシーさを求めるといった変化球としてアリのワインだと思う。
それとKFCと合うことだけは間違いない。

DATA:
マクギガン ザ・プラン シラーズ
購入場所 サミット
価格 498円(税抜)

自省の日

昨日、「割とリズムを取り戻した」とか言ったけれど嘘でした。

というのも、朝起きるのが超辛かったし、起きた第一声が「疲れたー」だったからだ。
まあ、土日も寝る時間がやや遅くなってしまったから、さらなる寝不足になったこともあるのだけれど。

で、それにしてはわりと仕事は進められたと思う。集中力は思いの外あった。
ただ、イライラ、というかいつにもまして“皮肉屋”っぽい言動が多かった気がするし、せかせかしていたような気もするので、反省しよう。

夜は、思い立って、ケンタッキーで「デラックスフィレサンド」という、もうなんでもかんでも入れてやれーという、ヤケを起こしてできたようなサンドが急に食べたくなって食べた。
感想は明日書きます(もったいつける)。例のワイン企画に合わせて書く。

明日は休みだ。
やっとたどり着いた感はないが、貴重な休日。
悔いのないように使おうね。

ちょっとだけ元通り

通常勤務になっておよそ1か月半。ようやくリズムを取り戻せてきた気がする。

4連続勤務の3日目は一番疲れる日だけれど、帰宅後にちょっとだけゲームを進めたり、実況編集を完成させたりできた(公開はまだ先にします)。
そんなことでも、プライベートの活動ができるのは嬉しいし、自分を少し褒めてあげたい。

東京の感染者は今日も206人。
「感染者数」というものだけが、コロナ感染の実質を示しているとは思わないけれど、他に取り上げられる数値がない以上、ここである程度を判断しなければならないし、この時期にこの多さになると思っていた人はほとんどいないのではないか(世間の反応はそんな感じだよね)。
夜の街をスケープゴートにすることで、本質を見極められてない気がして(というか、あえてそうしてる気がして)、この先が不安ではある。

だから、どうしたってテンションは下がるが、まあそれでも自分で自分を上げて頑張っていくしかない。

さて、明日働いたら休みだ。
とにかくあと1日乗り切ろう。

連日編集作業

二日連続寝不足気味。

おとといは休みだったので、つい飲み過ぎて寝不足だった。
昨日は反省して休肝日にしたのに、なんとなく寝付けずにまた寝不足になってしまった。
それにしては今日はずいぶんと仕事を片付けられたから良かったけれどね。
ただ、テンションがややナチュラルハイだった気もする(いつもよりおしゃべりだったかなーっていう感じだ)。

昨日、今日とゲーム実況動画(4回目)の編集をしている。
前3回は、どれも1度の編集でアップしているが、今回はちょっと時間をかけて、あーでもない、こーでもないと素材をいじっている。

技術的にもツールとしてもできることはチープだけれど、こだわりだすとなかなか「コレでOK!」というものができない。
「あえてカットする勇気」こそが編集の真髄のような気がして、これは小説だの曲作りだのにも当てはまるのだろう。
自分はその部分が甘いので、動画編集で“削る”スキルを磨こうと思っている。

実況プレイをするとなると、単にゲームを楽しむだけではなくて、自分の行動を事前にシミュレーションしたりして臨むんだけど、それでも結構なムズゲーなので、攻略も考えないといけないので、ついついプレイするのに二の足を踏んでしまっている。

あと、一応、攻略サイトは見ないようにしてる(あくまでも「今のところは」で、本格的に詰まったら見ちゃうかもしれないけれど)。
少しゲームに慣れてきて、面白さが恐怖をちょっとだけ上回っているから、早めにプレイしたい気持ちと、臆病な気持ちが戦ったあげくに今日は未プレイ(ヘタレ)。
神経を使うから、仕事終わりではなくて、元気な時(つまり休日の午前中)にプレイしたい気持ちもあるんだよなー。

やっぱり、普通にゲームするのとは違う感覚です。

ただ、これも始めてみなければわからなかったことだし、今は「実況プレイ」という方式でゲームをすることが楽しくなってきている。まあ、とにかく先に進めよう。

さて、今日も睡眠時間が遅くなるペースだ。
さすがに三連続寝不足はキツイので、とっととこのブログを書いて寝る。
日々、頑張りましょう。

はじめてのずーむかいぎ

初めてzoom会議というものに参加した。

一度、オンラインセミナーに参加したときにzoomを使ったけれど、それはスマホだったし(今回はPC)、自分は見るだけ聴くだけだったのに対し、今回は自分も画面に映ってしまうし、しゃべりにも参加するのだ。
ホスト役の方がいらしたので指示にしたがって会議参加すればいいだけなんだけど、ちゃんとつながるのか、正直ドキドキした(無事に参加できた)。

しゃべった人が画面に大きくなる、という、Youtubeのオンライン対談でみたような画像が出たのが面白かった。会議も滞りなく済み、ホッとした(そっちのほうが大事だよね)。

一番心配だったのは使用ギガ量。
音声だけならまだしも、いわゆるビデオチャットだから結構な容量を食う覚悟をしたのだけれど、だいたい1時間で0.6Gぐらいで済んだ(しかもPCでつないで)。
10分100Mだと考えると、ビデオチャットとしてはだいぶ低燃費なんじゃないかな。そういうところも使われている理由なんだろう。

とはいえ、新しいテクノロジーについていくのがやっとやっとになってしまってきて、自分もすっかり歳を重ねてるんだなーと痛感。終わった後ドッとつかれたもの。

まあ今の自分でも、新しいことに触れるチャンスがあるのはありがたいことなのだ、と前向きにとらえて、明日からも頑張ります。

趣味活な休日

何か月ぶりかで秋葉原に行く。

ゲーマーズに、雨宮天のライブBlu-ray『The Clearest SKY』を買いに行ったのだ。
僕は江戸川台ルーペと今年の1月にこのライブに行っている
収録されているライブは日にちが違うけれど、会場は同じ幕張メッセだし、1日違いだし(今気づいたけど僕の誕生日に行われたライブだし!)、買っておかねばならないと思ったのだ。
ゲーマーズに行ったのは、特典のブロマイドをルーペさんにあげようと思ったから、ただそれだけだったのだけれど、ちょうどライブ衣装が展示されているのを知ったので、これも見てきた。
天ちゃんはルーペさんの“推し”だから、黙って見に行くのがなんとなく憚られて事前に許可をもらって行った(律儀)。
衣装は、これを着て歌ってたのを実際に見たんだよなーと思うと感慨深い(あとやっぱりスマートだよね)。

無事、Blu-rayも買え、ブロマイドも手に入れられたので行った甲斐はあった。
ずいぶん前に感じるけれど、このライブ行ってからまだ半年しか経ってないんだよなー。9月にもライブが予定されているが、ふむー(実施してほしいけどね)。

そんなわけで久々(今年初かも)の秋葉原だったが、感染者数が上がってきているのであまり出歩かずに、ブックオフで本を買い、それを読みながらバーガーキングで遅めの昼食を食べ、おとなしく帰ってきた。
それでも違う街に出かけるのは楽しかったし、興味深い本を4冊買ってこられたので(また積ん読増えるな)良い外出になった。

あとゲーム実況動画も録った(『バイオRE2』ね)。
録るまでは、とくに自分のプレイ技術の面で不安を感じていたのだが、思いの外スムーズに進めた。ちょっと慣れてきたのかもしれない(ただ、怖さには慣れないけど)。
慣れたとはいえ、僕の技量でクリアできるかは不明だけれど、動画編集するのが面白くなってきたので、とにかく進められるだけ進めて頑張ります。

さて明日からまた連続勤務。
ペース配分に注意しつつ頑張ろう

リアリティ不足

カクヨムで書いている『亀を投げる』を一旦非公開にしました。

書き直したいなーと思って、以前から一旦下げようと考えていたのだけど、なんとなく放置してしまっていたのだ。

で、このタイミングで非公開にしたのは、昨日たまたま『私の家政夫ナギサさん』というドラマを見たこと。
主人公が製薬会社の営業(MR)だったのだが、自分の小説も似たような主人公は病院勤め(年齢も近い!)、彼氏がMRという構図にしてはリアリティないな、と思って、一度きちんとそのあたりを調べてから書き直すことにした(内容で勝負する前にディテールで勝負するつもり)。
先の展開(新宿のシーン)の取材(ロケハン)ができないからということも理由の一つだけれど、これも「取材不足」という点で同じなので、全体的にもう少しリアリティが出るように書き直します。

いつまでも下げておくつもりはなくて、秋になる前には「完結」するつもりでいる(言ったなー)。

ちなみに『私の家政夫ナギサさん』は面白かった。多部未華子は声が綺麗だと気づいた。
ちょっと追いかけて見てみる。

『日本で一番悪い奴ら』観た(ずっと観たかった)。
正義とか、必要悪とか、そういうことについて考えた。
コミュニティを守るため、時には「毒をもって毒を制す」が必要なのだろうか。でもそれは単純に頭の挿げ替えであって、権力はより過激に、より根深くなってしまうだけのような気もする。
フィクションだと「ワルがワルを制する」という構図がカッコよかったりするけれど、実話ベースだと聞くと、うーん、という感じ。でもこれも「リアル」だよね。
綾野剛をはじめ、キャストが全員クセがある感じが出ていて良かった。

新型コロナは空気感染の可能性が言われはじめてしまい、今やってる対策がもはや、ほとんど意味がないような気がしてくる。
結局はマスク、うがい、手洗いをして、人となるべく合わない、という個々に委ねられる対策しかないのだろうか。
その中で「社会性を保つ」ためにはどうすればよいのか。その上で「良い社会」とはどうやって作っていくのか。より一層深く考えなければならない。

とにかく、やるべきことを早くやっとかないと、と思っている。自分で自分に発破かけないとなー(できてない)。

物語を書く、ということを今一度考えてみる。
それと同時にリアルも頑張らな。

編集技量、プレイ技量

『BIOHAZARD RE:2』実況動画3回目更新。

前2回に比べると、ちゃんと目的を持って行動しているので、展開はわかりやすいかも。
見直して気づいたのだけれど、導入部分の「言い訳」が2回目と絵面といいコメントといい、ほぼ同じで苦笑する。
言い訳せずにはいられないほどの下手さ加減ということでご容赦ください。

この動画は『SHARE factory』というPS4を持っていれば無料でダウンロードできる編集ソフトで作っているんだけれど、結構な追加効果が使えるので嬉しい。
それを効果的に使えているかは別の話だが、今回は画像を一部アップしたり、字幕のアニメーション効果を使ってみたり、と初めて使う効果を取り入れてみた。

本当はとある場面でファンファーレをつけたかったのだけれど、そういう「効果音」がなくて(デフォルトの版権フリー曲は入っているのだけれど)、どこかから素材を見つけてこないと入れられなかったので、次回に持ち越し。

字幕のフォントを変えられなかったり、アニメーションもパワポレベルで物足りなくて、いずれはPCの編集ソフト買おうかなーとか思ってしまう。
でも、それでゲーム動画編集するにはキャプチャーボード買う必要があるし、きっと今買っても使いこなせないので、まずは『SHARE factory』を極めてからにしよう(それまでに『バイオRE:2』をクリアできるのだろうか)。

推しの声優 夏川椎菜(ナンス)の実況動画を見て、ゲーム実況と動画編集を始めた僕ではあるが、ナンスは自分のYoutubeチャンネルで結構凝った編集動画を公開している。
後追いで始めてみた身からするとその出来栄え(編集も内容もね)を心から尊敬するのだけれど(簡単に弾けそうな楽器が弾いてみると、その難しさがわかる、という感覚に近い)、彼女が最新のブログに、動画編集の際いろいろ凝ったチャレンジすることをこう書いていた。

単純に、昨日できなかったことができる自分がとても好きです。

これ、真理だよねー。

新しいことを覚えて、それができるようになる、って喜びの基本だ。だから僕もめげずにこれからもヘタレつつも実況プレイして、より凝った編集動画アップしますよ。
こんな編集ですが、今回2時間かかってるんだよね(プレイ時間の3倍以上だ)。
もっと言えば、動画編集以上にプレイをするほうが辛いのだけれど……

これを1本編集しただけで、休みが終わってしまった。
あ、でも朝、雨振る前にランニングできたし良い休日だった(はず)。
晩御飯を買い出しに行って、飲んで寝ることにする。

明日からまた頑張るぞー。

ダウニング

良い方にも色々あることを知る。

今更?って感じではあるが、いわゆるアッパー系とダウナー系があると思ったのだ。
気づいたのは二三日前にバーボンを飲んだ時。
なんとなく気分が落ち着く……いや“落ち込む”感じがしたのだ。翌朝も引き続きそんな感じ(それは飲み過ぎなのかもしれないが)。

バーボンは美味しくて好きなんだけれど、確かに酔ってハイになったことはないかも。
なので、翌日はビール飲んだら、これは気分がややハイになった。
ワインや日本酒も基本的にはハイになっていた気がする。
僕はウイスキーが飲めないので、はっきりとは言えないけれど、バーボンやウイスキーのような蒸留酒はそういうダウナー系アルコールなのかもしれない。

これってみんな知ってた?
それとも自分にとってだけなのだろうか。
次にアルコールを飲む時は、アッパー系なのかダウナー系なのかも確認しながら飲んでみよう。

という話を、バーボンを飲んだ翌日に考えたのに、今の今まですっかり忘れていて、今日のブログに書くことになった。
これもアルコールの影響なのだろうか(飲み過ぎだよ)。

そんなわけで今日はシラフでお届けいたしました。
また明日!