ノンアル生活

秋分の日だったけど、普通にお仕事だったよ(いつものパターン)。

昨日同様、なんだか振り回されて1日が終わる。
自分で動かしている感がないので、やや疲れるが、しばらくそんな感じが続きそう。とにかく健康だけには気を使ってここをやりすごさねば。

アルコールを飲まなくなって1か月が経つ。
体調不良とかいうわけではなく、なんとなく家で独り飲みするのは止めようと思ってたらひと月経ってしまった。
誰かと一緒に飲めるようになるか、あるいは“超絶 嬉しいこと”があったら解禁と決めているが、そういう機会がこの1か月なかったと考えると逆に悲しかったりもする。
最初の一週間を乗り越えたら、わりと続くものだが、ドラマや映画で酒を飲むシーンが出てくると飲みたくなるのが罠。
それと、ここ数日は飲みたい気分が高まっているのか、ついにランチビールを頼んでしまって、慌ててカフェラテに変えてもらう夢まで見た。
まあ誰と賭けをしているわけでもなく、願掛けでもなく、単純に自分のさじ加減なのだが、まあもうちょっと続けようと思う。
ふとしたことで、解禁してしまうかもしれないけど、それもまあアリということで。

とりあえず労働はしばらく続くよ(この言い方!)
日々頑張ろー。

あっというまの一日とプレミアム廃止

なんだか振り回された一日だった。

苦手な事務仕事と2時間の会議が主な原因ではあるが、まあ忙しいのは暇よりはいいのだろう(特にこのご時世)。
自分のやると決めていたことがなにひとつできなかったので、明日、気合い入れねばならない。
まあ、ほどほどに頑張ろう(一行前の言葉を覆す)。

松屋のプレミアム牛めしなくなるんだってね(今見たニュースの話を突然してみる)。っていうか、「プレミアム牛めし」が一部地域だけのものだってことを初めて知った。ようは、あの黒胡麻七味がなくなって値段変わらず、というふうになるらしい。実質値上げではあるけれど、380円をキープしてくれるだけありがたいということか。しかし、色々不安になってしまうニュースではある。

といっても、下向いている場合じゃない。
頑張れる時に頑張っておかないとね。
また明日ー。

今さらドン

昨日宣言したとおりに完全オフ。

本当に家でじっとしてた。
出かけたのは晩ごはん買いに出ただけで、ダラダラと1日が終わってしまった。
まあ、「リングフィットアドベンチャー」やって湯船につかる、という休日じゃないとなかなかできない動きはできたからいいだろう。

今さらながら「静かなるドン」読んでる。webのマンガアプリで。
なんとこの作品、完結しているものの実に108巻まで続いている。

僕は日テレのドラマ版のやつをリアルタイムで見てた。
桑田佳祐の主題歌「祭りのあと」がすごく好きなこともあって、読みながら頭の中でこの曲がずっと流れてしまう(中山秀之もこの役は良かったよね)。

ただ地上波ドラマのマイルドさと違って、もともと週刊漫画サンデー(注:少年サンデーとはなにもかも違うやつ)という劇画ど真ん中の雑誌に連載されていたせいか、やたら人は死ぬし(血だらけとかボコボコとか)、破廉恥な描写も(黒塗り入ってるけど)ザラにあって、「あれはあれ、これはこれ」な感じ。ただ単純に面白い。
それと当時の流行ギャグが入っていて、時代を感じてしまうのも今読むと笑える部分だ。

ところで、僕はまんがBANGというアプリで無料で読んでいるのだが、CMを見ると読める話数が増えるので、ついつい見てしまう(けちんぼ)。
で、ここで出てくるCMって笑えるのが多い。ゲームの奴だとだいたい順番通りにピンを引っ張るパズルか、戦うたびに数字を大きくして挑むゲームのが出てくる。その失敗の仕方が、あまりにも露骨なのだ。「絶対、その選択肢ないよね」っていうのを選ぶ。しかもCMだから毎回同じパターン。
よく考えれば、失敗することでゲームのチュートリアルの役目を果たしているのと「、これなら俺の方がうまくやるよ」と思わずダウンロードさせるカラクリになっているんだろう。

あと最近はゾンビのゲーム多い。
広告費が投入されたのか、最近は「ステートオブサバイバル」というゲームのCMがやたら流れる。これのCMキャラは藤原竜也で、なぜなんだろうと考えたら、もしかして、映画「バトルロワイヤル」の主演だったからなの?あれ、何年前の映画だよ。
それを知ってる世代狙いだとしたら、全くもってしてやられてるし、僕と同世代がこのCMのプランナーなのだと思うと合点がいく。
なんか老いを感じるなー(昨日に引き続き)。

で、「静かなるドン」。
最後まで読むつもりで1日1巻ペースで進んでいたら、このアプリだと60巻までしか読めなかった(そして読み切った)。課金すれば読めるらしいんだけど、そこまでの気力はないなー。ネカフェ行って読めたら読もう(結局その程度の思いかよ)。

明日からちょっと連続勤務が続く。
頑張ろー。

28、35、I’m old

朝、休日ダイヤに騙されて、ギリギリの出勤。
昨夜もその前も、ブログに連休だよ、って書いてるのにね。

TrySailのアルバム「Re Bon Voyage」のリリイベの応募が昨日までだったことに今朝気づいて愕然とする。応募IDを机に置いておいたくせに、すっかり忘れていた。
こういうの後回しにして忘れがちなんだよなー。応募したところでなにひとつ当たったことはないけれど、応募者全員特典の画像すら貰えないという悲ピヨな思い(悲ピヨとか言うな)。2枚も買ってるのにな(厳密には「2種類」)。
アニメイトの諸々の応募は今日までなので、これから応募しておく。

それからイヤフォンを忘れて、音楽のない一日を過ごした。
もろもろ忘れがちなのは、単純にボケてきたせいかもしれない。

池袋GIGOが今日で閉店。28年の歴史に幕を閉じるとのこと。

28年間かー。地下1階で何回か対戦格闘(多分時代的に「ヴァンパイア」とか初期のKOFとか)をやった覚えはあるが、GIGO自体にはあんまり思い出がない。
それよりもその場所にあったサンゴーカメラ(のちにTECH35)のほうが思い出深い。つまりそれって28年よりも前なわけで、なんかそれはもはや「歴史書」に出てくるような話になってるのかもしれないな。

ビックカメラ、カメラのさくらや、サンゴーカメラがサンシャイン通りにひしめきあって、目当てのゲームソフトが一番安いところを足で探すのが楽しかった。
なんだか書いてて急に老け込んだ気がする。

懐かしさついでに「ドラクエⅤ」が無性にやりたくなっている。
「ドラクエウォーク」が「ドラクエⅤ」イベント中で、ほぼ原作のエピソードをなぞるので、追体験したくなってくるのだ。
でも、もっているスマホ版をいざやろうと思うと「ユアストーリー」(完全無欠の駄作映画)の悪夢が頭をよぎる。

スーファミ版(つまりオリジナル版)は友達から借りてクリアして、後々ニンテンドーDS版は終盤で投げてしまっている、というのが僕の「ドラクエⅤ」体験。
今計算してみたら、オリジナルをクリアしてからは25年以上経っていた。
なんかアルコールを飲みながら、進められるところまで進める感じでやりたいな(ユアストーリーの悪夢を振り払うには酒しかないような気がする)。

っていうか、ここまで書いてきて、改めて、俺の青春ってほぼゲーム関連なんだな、(自分の曲を初めて公開したのもゲーム関連だったしな)。
それが良い悪い、ではなくて、そういうものだったのだと振り返る(こういうあたりも“老い”ですかね)。

明日は一日完全オフ。
最近は気候と気圧のせいで体調落ち気味だから、整える日にしよう。

連休中も平常運転

連休の中日だが、僕は仕事。

今日もまた労働時間が長かった(そういうことを報告するだけのブログになりつつあるな)。やるべきことは少し進んだ感じ。“少し”って言ってる場合でもないんだけれど、進まないよりはマシだろう。

「補佐官」のシーズン2が本当に面白い。
シーズン1が闇落ちエンドっぽい感じで終わったが、シーズン2の1話目からガンガンと逆襲を始めて、これまで以上に怒涛の展開で毎話、感心しちゃう。特に今日観たエピソード4が超カッコよかった。あと6話でどうケリをつけるのか楽しみ反面、終わってしまうのが残念な気もする。

10月も近づいてきて、気候の変化が激しくて、今朝も偏頭痛起こした。
今月後半にかけて、もう一段階忙しくなりそうなので、体調に気をつけて頑張らねば。
なんか息抜きしたいなーと思うが、しばらくは我慢。
引きこもりながら楽しみを見つけよう。

本屋話と推し話のキャス

「ザンクとルーペの読書感想文」無事終了。

本編は、早見和真著『店長がバカすぎて』の感想を語り合った。

というか、後半は僕が喋りっぱなしだった気がする。
なんというか、まあ“感想文”なので許してください。キャスでも話しているように、この小説にでてきた
「私は乗れなかった。有り体にいえば、心が弾まなかった」
「本の評価に正しいも正しくもない」
というフレーズをエクスキューズにしておきます。
しかし、なかなか「強」が出ないのはなんだろうなー(ひねくれてるだけかもな)。

アフタートークは今月行われた「雨宮天 第三回 音楽で彩るリサイタル」の感想と、僕らと(というかルーペさんと)天ちゃん、そしてTrySailとの出会い(っていうか知るきっかけ)から始まって、リサイタルの感想まで語っています。

沼ってどこに設置されているかわかりませんね(いや、でも今最高に楽しいですけど)。

キャスが終わったあとルーペさんと30分ほど話して(公開できないような話?)、髪切りに行った(2か月半ぶり)。
それからようやく今年初の月見バーガー食べたよ。美味かった。

ツイキャスやると達成感ある。
一日を無駄にしなかったように思えるので、今後も大事にしていきたい。
来月の本をちゃんと選ぼう(「強」出そうな奴な)。

長い就労

今日も結局ギリギリのブログだよ。

終業間際に次々と、今日中に終わらせなければいけない案件が発生して、気付いてみれば、一日フル稼働だった。正直疲れた。
なのでブログもこんな感じだ。良くないなー。

「補佐官」のシーズン1の最終回観た。
なんというか「嘘でしょ?」っていう後味の悪い終わり方、というかシーズン2に続くのありきで、これは結局最終回じゃない感じの回だった。
この先の展開が気になって(というか、俺の好きなタイプから離れそうで不安になって)シーズン2の各エピソードのあらすじ読んだら、この後味の悪さには、ちゃんと裏があるようでやや安心。シーズン2の最後までで物語完結のようだな。
まあ続けて観てみます。

明日、9月17日(金)13時からはツイキャス「ザンクとルーペの読書感想文」です。
早見和真著『店長がバカすぎて』の感想を江戸川台ルーペと語ります。
言いたいことはまとめたけれど、サムネを作っていない。明日になると面倒になってしまうだろうから、このあと夜なべして作ります(って言うほどたいしたもの作れないけどな)。
アフタートークは「第三回 雨宮天 音楽で彩るリサイタル」の感想です。
Youtubeも残しますが、リアタイしてくれるとなお嬉しいです。よろしゅうたのんます。
https://twitcasting.tv/lelefantino

明日こそはきっちりやることやろう。

週の真ん中はかどらず

このところ水曜日が上手く使えない。

朝起きられないし、物事もはかどらない。
今日は仕事上、一区切りつけなければいけない日だったのに、わりと普通通り終わってしまった。
そしてブログネタも全然書けてない。
なので、こんなギリギリになって、身のないブログをアップすることに。

この後回し体質が良くないんだよね。明日から先送りをやめよう(いつも決意だけするパターン)。

「補佐官」をシーズン1の9話(ラス前)まで観た。
あと1話でどうケリをつけるんだろうか、と思うぐらいに絶体絶命の状況だが、先が気になって仕方ない。これまでも裏のかきあいが続いたから、最終話もそうなんだろうな。
とはいえ、シーズン2もあるから、わりと着地点が想像できてしまうのがやや残念ではある。これで全然予想もしない終わりだったら、それはそれで。

とにかく今日はおしまい。明日頑張る。

CD購入珍道中

推しのCDをフラゲにし池袋のアニメイトへ。

正式名称はTrySailのニューアルバム「Re Bon Voyage」。
これには3バージョンあって、特典の関係上、完全生産限定盤と初回生産限定盤の2バージョンを買わなければいけないのだが(いけない?)、まずは完全生産限定盤の方をアニメイトで買い、初回生産限定盤はタワレコで買うと決めていた。ブロマイドの絵柄(って言うの?)が違うので、せっかくだから2箇所で買おうと決めていたのだ。

まずは無事に、アニメイトで完全生産限定盤をゲットできたのだが、CDとは思えない(直径15cmのホールケーキ箱ぐらい)大きさで出てきたので面食らった。あと、CDにしては“いいお値段”だったこともね。まあいくらであってもお値段以上なんだけど(軽い洗脳)。

鞄に入らない大きさなのでレジ袋もらい、続いて初回生産限定盤を買いにタワレコへ……行ったらモノがない!
正式な発売日は明日だから、今日は置いてないのかなーと思ったのだが、TrySailの棚に通常盤は売っている。これがあるということは、完全生産限定盤と初回生産限定盤は仕入れないか、すでに売り切れたのだろうか?いや、店の人に聞けば終わる話だが、聞けないの。シャイだから(というよりチキンだな)。
明日3バージョン揃えて大々的に売りだすという可能性もワンチャンあるが、それを待って行動していたら時を逃してしまうかもしれない(冷静に考えれば、なんの時を?ってことなのだが)。
これはプランBに移らねばならない(プランBないけど)。

そんなわけで困った時のHMVオンライン。
アニメイトで手に入らないものをいつも救ってくれた(といっても夏川椎菜関連BD2回だけだが)HMVオンライン様で注文しようとサイトに行って、カートにまで入れたのだけれど、よく説明を読んだら「ブロマイドが終了」との表示が。
とにかく手に入れるためにブロマイドなしでも注文しようと思ったが、待て待て待て。おそらく初回生産限定盤と言えど、今日明日で市場から消えることはない。なにせ、1stアルバムの限定版ですら、未だにアニメイトで新品買えるんだから(江戸川台ルーペの体験談に基づく)、あえてブロマイドなしの初回生産限定盤を慌てて買う必要はない。
近くのHMVへ行くか、あるいは秋葉原まで行ってゲーマーズあたりで買うか……

と、歩きながら考えた末に、今まで使ったことがないセブンネットショッピングで買おうと思いついた。
サイトに行ったら、ブロマイド付き表示があったのでこの点はクリア。とはいえHMVが親切でそういう表示をしているだけで、現物届いて「終了してましたー」でも喧嘩にはならない(というかする勇気ない)のだが、でもここはセブンネットにかけようと、路上でいそいそとアカウント登録して、ようやく注文できた。しかも近くのコンビニ引き取りというのを初めて使ってみた。

あとはちゃんと届く(それは大丈夫だろ?)のと、ちゃんとブロマイドが付いていること(これは半信半疑)を祈るのみ。

そんなことで神経をすり減らしたので、バーガーキングで、これまた初めてベーコンチーズワッパーを遅い昼飯にした。ベーコン入りのハンバーガー、あんまり食べないんだけど、テンションが揺らいでいたので、食べたことないものにチャレンジしてみたくなったのだ(結果、美味しかったよ)。

で、今日はそれからMCU映画『シャン・チー』を観たのだが(しかもIMAX GTレーザーで)、これは超面白かったし、続けて書く気力がないので、改めてまた書く(ネタ出し惜しみ)。

そんな一日だった。
あとは遅めの晩飯にレトルトカレー食べておしまいにした。

肝心のCDの感想。

まだ聴いてない。

W・L・B

ワーク・ライフ・バランスについて深く考えてみる。

嘘。
ちょっと考えてしんどくなってやめた(ヘタレ)。

昨日、「本当に知識のある人の話って、こういうんだ」というのを目の当たりにして、今の自分じゃどうしようもねえな、という衝撃を受けてしまった。
もちろん詰め込んだ知識でも何かに対応はできるが、血肉にはならない。学生時代は自分のこと、そこそこ「薀蓄王」だと思っていたし、今も広く浅くの知識には自信があるものの、そういう深い知識がほとんどないなーとつくづく思う。いわば教科書的なんだよね。

このところ韓国ドラマの「補佐官」を観ている。「サバイバー」とは違うタイプの韓国政治ものだが、これがまた面白い。
この主人公はとにかくよく働く。そもそも頭が切れる上に、常に人生の中心は仕事のことだ。しかもその先に自分のやりたいこと、やるべきことを見据えながら。
自分にはこの姿勢が全然足りてない。

ドラマの中で、徹夜で仕事にあたるシーンがちょくちょく出てくるが、それを見るたびに「最後に、自分がなにかのために徹夜したことはいつだったっけ?」と思い返して、思い出せない(多分、ずっと昔のことだろう)。
そう考えると、日々を適当に生きている(そんで適当に生きていけちゃうんだな、これが)自分が全然ダメダメだと痛感するわけだ。

ドラマを観るのも楽しいけれど、ドラマの主人公になるような生き方をするほうがもっと楽しいだろう。
ワーク・ライフ・バランスとか言う前に、僕はまだまだワーク部分が全然足りてない。

それにしても「ドラクエウォーク」がバージョンアップして楽しくて仕方がない(たった一行で前段台無し)。
モンスターを仲間にすることができるようになって、自分のキャラのあとを健気についてくるベビーパンサーの可愛いこと!
あと、歩く距離で卵を孵化させる機能もついた。友人に言われて気付いたが、これって完全に「ポケモンGO」だよね。
そんなわけで、ゲームしながら歩く機会を増やしたくなってくる。

つまり、結論としては「よく遊び、よく学べ」ということなんだろうな(苦し紛れ)。

ワーク・ライフ・バランスについてもう一度深く考えてみることにしよう(振り出しに戻る)。