微熱

とりあえず週始めをなんとか乗り切る。

とにかく暑くて参った。基本的に自分は寒がりなのだが、それでもこの暑さにはめげる。そして突然の梅雨明け。これから体調管理がより大変だ。

スター・ウォーズの『クローン・ウォーズ』映画版を観た。
これは当時、劇場に観に行ったんだよな。内容全く忘れていたけれどね。この続きを描いたTVアニメ版の『クローン・ウォーズ』の評判が良いので、ちまちまと観ようと思う。『オビ=ワン・ケノービ』観てスター・ウォーズ熱があがってしまったのだな。

まあ、人生山あり谷あり、というか谷のほうが多い気がするが、今週も頑張っていきましょう。

試験前夜の酔っぱらい

とりあえず今日を乗り切った。

あと、明日はちょっとした試験。一応、資格試験なので落ちたらアウツなのだ。とはいえ、今晩はどうしてもアルコールを飲みたかったので、労働帰りに勉強して、帰宅早々飲んだ。日本酒。
試験勉強って、「これでもう大丈夫」ということはないけれど、まあやるだけはやったからあとは体調だけ気をつけよう。

「オビ=ワン・ケノービ」の最終回を観る。
一部では「駄作」と言われているようだが、個人的には大満足だった。EP3と4の間の物語の補完として考えれば十分だし、EP4で、なぜレイアがオビ=ワンに助けを求めたか、オビ=ワンがルークに、「父親を殺したのはダース・ベイダー」と言ったのか、その辺りがエピソードでわかるだけでも良かった。っていうかレイアとのやりとりで泣いたよ(あれ?これネタバレかな)。
あと、出るかなー、出ないかなーと思っていた、僕がスター・ウォーズで一番好きなキャラが出てきた時点で、このドラマは全部アリです。作品の外でもいろんな噂をされていたのが払拭されただけでも、「ああ、良かった」と思えたドラマだった。
結末が(っていうか、ピンチになってもこのキャラは死なない、とかが)わかってしまう以上、ストーリー展開が難しい中、地味だけど良いエピソード作ったと思う。満足。

っていうか、改めて言うけど「Disney+」って、まだ一部劇場で公開中の『ドクター・ストレンジMoM』が観れるし、マーベルとスター・ウォーズ好きにとっては(つまり僕にとっては)最強じゃねえかって思う。なんかすごい時代ですね。

そんなわけで明日は一応試験なので頑張ります(労働もあるしな)。

積む×積む×積む

1日4回も会議があって、その合間に上司からの宿題を片付け、我ながらよく働いた。

個人的には仕事の質も良かったと思うので(自己評価甘い)、ここ二日ばかりの働きは「よくできました」のスタンプを押してあげたい。
しかし、その反面(必要十分条件何もないが)全く読書が進まない。鞄に入れた本を1ページもめくらずにいる毎日。

今この本を読む気分じゃないんだろうなー、と昨日と別の本を持っていってみたりするのだが、それでも読まず。ここ4日ほどそんな感じ。
思い返せば、『同志少女よ、敵を撃て』も職場では(通勤時間も)全く読まなかった。なんか仕事からの読書というスイッチが入らなくなっちゃったのかも。
ますます積ん読が増えてしまう。

積むもの、といえば、ゲームもそう。
「キムタクが如く」こと「JUDGE EYES」ですが、まだ序盤も序盤だ(第1章も終わってない)と言うのに、若干の飽きがきている。
グラフィックが超綺麗で感動したのも初日だけで、細かいおつかいが続くこととか、会話シーンのテンポの遅さとか、結局「綺麗なシェンムー」だな、と思ってしまったのがダメなんだろう。昨日は、プレイの半分は「ぷよぷよ」やってたからね(ゲーム内ゲームとしてプレイできるのだ)。
そんなキムタクを横目に(略しすぎだよ)「バーチャファイターe-sports」のセールが始まったり、アーケードアーカイブで「ゼクセクス」が出たりと、気になるゲームが増えてきた。これも買ったところで積みゲーになるんだろうが、ダウンロード版なら物理的に積まないという理由をつけて買おうとしている。
脳は簡単に騙されるよな(お前がなー)。

積みドラマというか積み動画、というのもあるが、「ホークアイ」の最終話が今日配信されて、これはちゃんと観たよ。
第5話で出てきたあのキャラは、次があるのかないのかという感じで去ってしまったが、まあスーパーヴィランだからそのまんまってことはないだろう(と思いたい)。
それを抜きにしても、娯楽作として、そしてマーベル作品として抜群に面白かったドラマ。
ぜひ次も“ダブルホークアイ”で活躍がみたい。

そんな「積みもの」だらけの日々。
そろそろ整理整頓もしないとね(いつもこのオチな)。

特番で感じる年末感

M-1グランプリ見た。

なんだかんだ去年も一昨年も見てるわ。
で、決勝に残った3組ともに好きな(面白いと思う)芸人さんたちだったので、誰が優勝しても納得だったのだけれど、錦鯉とは!
でも2本目は本当にハネてたので、「苦労したからご褒美」という結末ではなく、ちゃんと実力でもぎ取った感じの、これまた納得の結果。
話が通じないボケキャラの面白さだけでなく、しっかりネタを作って無駄がないところに凄みを感じた。もっとネタをみたいと思った。
個人的に一番推してたオズワルドは、1本目と2本目を入れ替えてれば……とも思うが、来年2本凄いネタを準備して優勝してほしい。
インディアンスも好きです、はい。

今日は、とある発表会のプチお手伝いみたいな仕事をしたのだが、自分も「出演する側」を経験しているからわかる部分でフォローができて、個人的にはよい仕事ができたと思う。そういう点を生かしていこう。

僕はとりあえず、自分の人生をもっと一生懸命に生きなければと思う(そんなことを思うニュースもあった)。
日々をきちんと生きていこう。

ゲームとドラマと読書、そして強風

秋葉原に古いゲームを売りに行った。

ネットで見るとそれなりにプレミアがついているソフトもあったけれど、状態が悪いとかであまり値はつかなかったのが残念。
それでも、実機で動かせないソフトを僕が持っているよりも専門店に引き取ってもらったほうが良いと思ったので、それはそれで良い。
コレクターという性分が基本ないのよ。意思をもって保管していたのではなく、なんとなく処分できずに持っておいた、という感じなので、持てる人が持っておくべきだと思ったりする。

で、昨日ちょっとだけ「JUDGE EYES」やってみて、これは結構面白い。
僕はこのゲームの本流と言える「龍が如く」シリーズを一度もやったことないのだが(基本、任侠ものに惹かれないのだ)、これは探偵ものだし、木村拓哉がいちいち「キムタクのパロディ」をやっているような演技(演出?)がシュールで、そういう点も(っていうかそういう点“が”)見どころかもしれない。
今月遊び放題なので、期間限定の体験版として続けてみて、先が気になったら買ってもよいかな(1980円らしいので)。

あと「ホークアイ」の最新話まで見たのだが、すげえ胸熱な展開になって超興奮した。他でネタバレブログとかあるが、少しボカして書くと今まで関わらなかったはずのキャラクターがオリジナルキャストで出てきたのだ。
しかも、僕が「この人上手いわー」って思ってたキャストなので(ブログにも書いた)、「ワンダヴィジョン」のような“肩透かし”ではなく(あれもあれで面白かったけどね)同一人物だったら本当に胸熱。
来週配信される最終話で正体が明かされるんだろうけど、本当に待ち遠しくなってきた。

それと、『同士少女よ、敵を撃て』も無事読了。
あとは感想をまとめて、サムネつくって来週のツイキャス配信に備えます。アフタートークがテーマは決まってるのにノーアイディアなのも気がかり。本番まで休みがない。隙間時間に考えよう。

昨夜の雨もけっこうすごかったけど、今夜の風はさらにすごい(怖くて外見れない)。
無事に明日を迎えられますように。

冷え込み対策はじめました

今冬初コート着た。

それでも超寒くて、昨日までスーツとマフラーだけでよく耐えられてたなと感心する(っていうか感覚が鈍いだけだよ)。
で、寒さは痛みに染みるせいか、左半身はまだ痛い。
以前、整形外科でもらったのと同じ「芍薬甘草湯」という漢方を市販で買ってきて飲み始めたら、ちょっとずつは良くなっている。筋を痛めたのかなーという感じの痛みになってきた。
そろそろフィットネスやらないとマズイ状況なので、明日には筋肉痛程度の痛みになってほしい。

Disney+で「ホークアイ」を観始めた。
おととい観ようとしたら、エラーコードが出て「視聴できません」になって諦めていたのだ。
で、今日もプレステ4だと同じエラーが出てしまったので、試しにiPhoneのアプリで試したら無事に観れた。スマホサイズでも面白かった(むしろ画質はこのほうが良い)。
で、第2話をプレステ4で立ち上げたら、これはちゃんとテレビで観れた。エラーの理由は解明できず(ちなみにエラーコードは36)。明日以降もできればテレビサイズで観たいので、このまま視聴できますように(24インチだけどな)。

それにしてもこの「ホークアイ」。これまで観た「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」や「ワンダヴィジョン」、「ロキ」も相当面白かったけど、それ以上の出来かも。
シリアスの中にコメディタッチ(呑気さ)あり、凸凹バディもの、皮肉を込めたセリフの応酬、と、自分の好きな、そしてマーベル映画王道の要素で作られてる感じ。
これはまだリアルタイム更新なので、最終話までにちゃんと追いついておきたい。

今日は不思議な(?)打ち合わせがあったり、セレンディピティ的な出来事もあったりと、なかなか面白い一日だった(仕事もわりとこなせた)。

もう1日頑張れば連休。休み前に体調が戻りますように。

オフオブザオフ

完全オフにした休み。

本当になんにもしなかったよ。ほぼ動画見てた(しかもなぜか野球系の)。外出も晩ごはん買っただけ。
あっというまに夜になってしまって、若干の後悔はあるが、この後悔を噛み締めていきたい(このパターン続いてるな)。

MCUのドラマ「ロキ」を観終わった。
謎を残したままの終わり方で、え?と思ってたら、シーズン2あるよ宣言出たので納得した。マルチバースに深く入り込んだストーリーなので、『スパイダーマン』だの『ドクター・ストレンジ』だの、他のMCU映画にも関係してくるんだろうなー。それは楽しみでもあり、物語の収拾つくんだろうかと少し不安もある。ドラマ自体はロキ(というかトム・ヒドルストン)の魅力で8割は成り立ってるんじゃないかと思う。もうすっかりヴィランからオレ様系ドジっ子に変化しつつある(それはそれでいいけれど)。

早いけれど、明日に備えて寝ることにする。
こういうダラダラした日が、のちのちどう影響を及ぼすのだろうか(逆になんも影響しない気もする)。

サブスクドラマと成長フィットネス

Disney+で「ロキ」見始めた。

ロキというキャラクターを最初は好きじゃなかったけど(ヴィランだしね)、MCUの物語が進むにつれて愛嬌が出てきて魅力的になった。
演じるトム・ヒドルストンが回を追うごとにチャーミングかつカッコよくなったのも大きな要因だとも思う。トムヒの007観てみたいだけどなー(オールドファッションなテイストの007が似合う気がする)。
まだ第1話しかみてないので展開は読めないが、ドラマ自体はタイムリープものなのと、オーウェン・ウィルソンとのトボけたバディ感が面白そう。最後まで観る。

あと「マンダロリアン」も1話見た。
スターウォーズのエピソード6と7の間の物語。
監督、脚本がジョンファヴローだからか、インディーズっぽい(スターウォーズのファンメイドっぽい)感じもあって、これまた続けて見たくなる。
そんなわけで、サブスク動画はしばらくDisney+中心になりそう。

「リングフィットアドベンチャー」。
運動負荷12ぐらいで始めたら超キツくて、半年ぐらい放置した後、9ぐらいからやり直してきた歴史があるのだが、今日それが20になった。それでもキツイが、止めたくなるほどではないので、成長してるってことだよね(偉い)。
レベルも160になったけど、まだエンディングの感じがしないが、どこまで続くんだろうか。攻略サイト調べればわかるんだけど、先がわからないのも、また楽しみのひとつだから、このまま頑張ろう。
区切りとして今年中にクリアはしたいが、したらしたでフィットネスしなくなりそうなのもまた怖い。

明日はついに健康診断。
終わらせたら、飲むよ(間違った考え方)。

イッキ見ドラマの感想文

「ワンダヴィジョン」観終わった。

昨日は結局、全9話中の第7話まで観て、今日残りの2話を観た。これは大傑作。
もちろん、MCU作品(少なくとも『エイジ・オブ・ウルトロン』からのアベンジャーズと『シビル・ウォー』)を観ていないと全くノレないだろうけど、ワンダとヴィジョンというキャラクターを使ったシットコムのパロディがどれも見事だし、なぜそういうシチュエーションになっているのかという謎解きが同時進行していくのが見事。
どんどん次が観たくなる。

最終的にオチにはあまり関係なかったものの、マルチバースを思わせるキャスティングや、現実が揺らぐような展開は『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(これも大傑作)を思わせた。
先日の「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」同様、キャラクターの成長(パワーアップ)もされて、今後、どの作品に関わっていくのか超楽しみ。

そんな感想の日だったが、仕事もそれなりに(それなりなの?)こなしたよ。
なんというか種を蒔く段階なんだと思う。ちゃんと芽が出るように育てていきたい。

明日が仕事のひとつの山場だったりする。早く寝ないとな。

勤労感謝の休日

勤労感謝の日。
そして、自分もたまたま休日だった。

だいたい普段は平日が休みなので、こういう時、どこ行っても混んでるんだよなーと思うと行動が制限されてしまうのだ。
午前中は用事で出かけたが、午後はまっすぐ帰宅してそのまま家でダラダラと過ごす。昼寝もしてしまったよ。
“実りの少ない”一日だったけれど、まあ過ぎたものは仕方ない。こういう時、さほど後悔しないのが良いのか悪いのか。

で、晩御飯を食べながらDisney+でマーベルの「ワンダヴィジョン」を観始めたら、これが衝撃的に面白くて(MCUファンならという注釈がつく)、一気に5話まで観てしまって、この時間に。
そろそろ止めて寝ようと思ったら、これまた5話がどうしても先が気になる終わり方をしたから、少なくとも(少なくとも?)もう1話観る。
もうMCUだけじゃなくてマーベル作品の映画を全部追いかけろっていうメッセージみたいな展開で、ひとりで興奮してしまっている。
全体的に各年代のシットコムのパロディにもなっているから(まんま「奥さまは魔女」や「フルハウス」っぽい演出入れてくる)、そういう点でも好みだし、でも背後に恐ろしいものがあって、見逃せない。
こんなことなら午後から観てれば良かった。

と、そんな祭日かつ自分の休日の過ごし方。
明日、朝から仕事なので、ちゃんとキリつけて寝られますように。